挙式・披露宴の準備
招待客のリストアップ

■準備しなければならないこと

ゲストのリストアップ、招待状の作成からギフト選びやスタッフの手配まで、結婚式には準備しなければならないことがたくさんあります。 二人の親や式場スタッフなどいろいろな人と協力して段取りよく進めましょう。

■招待客のリストアップ

早めのリスト作成で会場の規模が決まります。親族関係などの招待は、親同士の付き合いによる場合が多いので、自分たちだけで決めず、双方の親に確認を。
結婚式便利帳って何
子育て

■だれを呼ぶか決めるときのポイント

・ 一番始めに、新郎側、新婦側とも主賓をだれにるすか決めます。
・ 新郎側、新婦側が同様の年齢層、人数になるように。
・ 仕事関係の人は、職場の慣例があることも。
・ 親族については、親にも相談して決めます。
・ 友人や知人については、関係の深い人から優先的に。

■招待客リストを作る

披露宴会場を選ぶときには、「どれくらいの規模の披露宴を行うのか」が基本となります。そのため、招待客リストを早めに作り、人数の目安をつかんでおきましょう。おおよそでも招待客数が決まれば、会場の広さが決まります。あとは、予算との相談です。招待客リストを効率よく作成するには、まずそれぞれの家族、親族、仕事関係の人、友人という項目を立て、該当者をリストアップします。その際には「主賓」「必ず招待する人」「余裕があれば招待する人」と優先順位をつけましょう。
とくに仕事仲間や友人は、どこまで声をかけるのかの線引きが難しいのですが、予算や想定する会場規模を考えて、決断する必要があります。残念ながら招待リストからもれてしまった人たちは、二次会などに優先的に招待する方向で検討していきます。

■親族は親に確認を

親族については、自分たちとは付き合いが少なくても、親同士の関係でどうしても呼ばなければならない人もいます。あとから「どうして○○さんを呼んでいないんだ」となると、席の確保以外にも料理や引出物などで追加が入り、面倒なことになります。絶対に招かなければならない人を両方の親に確認しましょう。招待したい人たちには、なるべく前もって出席してほしいことを連絡しておきます。事前に連絡しておけば、ある程度の人数把握ができる上、相手に丁寧な印象を与えます。

■招待客、こんなときどうする?

親族の数が多い
家を単位に考えましょう。とくに事情がない限り、家ごとに招待状を発送し、その家から代表者に出席してもらう形で問題ありません。遠方の親族は、親とも相談の上、決めます。

親しい同僚がたくさんいる
親しい同僚をすべて招待すると、かなりの人数になってしまうときは、直属の上司やとくにお世話になった人などにしぼって招待するとよいでしょう。

転職したばかり
基本的に、以前の上司ではなく、現在の上司を大切な招待客として呼びます。前の上司らを呼びたい場合は、優先順位を下のほうにもっていきましょう。

どの友人を呼ぶか迷う
高校の友人、大学の友人など、グループが異なると、互いに面識のないことも。友人をひとりきりにしないよう、なるべく、ひとつのグループから2人以上招待しましょう。

■招待客リスト

新郎側、新婦側にそれぞれ分けて、招待客リストを作成しましょう。肩書きや連絡先のほか、新郎や新婦との関係も記載していきます。出欠欄、余興、スタッフなどのメモ欄も用意しておくと便利です。
招待客リスト