挙式・披露宴の準備
フラワーコーディネー卜

■フラワーコーディネート

会場を飾りつける花は、衣装やイメージする雰囲気に合わせて準備しましょう。
テーブルクロスなど、アイテムの色を統一するとセンスよくまとまります。

■旬の花を使う

披露宴会場を華やかに彩るために、花は欠かせません。とはいっても何でもいいというわけではなく、成功のポイントは、自分たちのイメージに合った花を選ぶことです。二人のセンスが生かされる場面といえるでしょう。
花は美しいものですが、だからといってむやみに飾りつけるのは禁物。
ワンポイントとして生かしたほうが美しく引き立つこともあります。
また、花には美しい旬の時期があります。季節はずれの花は値が張る上、花の状態が必ずしもよいとは限りません。
生花は、予算オーバーにつながる重要ポイントです。二人のセンスを生かして季節の花を上手にとり入れましょう。
新郎新婦のメインテーブル、招待客テーブルだけでなく、イスに小さな花とリボンを飾りつけるなど、会場全体を飾るイメージでコーディネートしましょう。
結婚式便利帳って何
子育て

■カラーを統一する

上手にまとめるポイントは、テーブルクロスやナプキン、チェアカバーといったアイテムと、アレンジする花のカラーを統一すること。
全体のコンセプトがはっきりとし、季節感や一体感を作り出すことができます。
また、自分たちで花を手配したい場合、持ち込みが可能かどうかを確認しておきます。場合によっては持ち込み料が必要なこともあります。
そして、依頼するショップとは、会場の間取りや飾りつけの段取りなどを細かく打ち合わせておきましょう。

Check!フルーツをポイントにしても

フルーツいっぱいの装飾も楽しいコーディネートです。パイナップルやオレンジ、マンゴーなどをポイントにすれば、南国にいるようなトロピカルウエディングの雰囲気をかもし出すことも可能。花も、フルーツに合わせて黄色やオレンジなどのビタミンカラーを選びましょう。

■コーディネートしたい季節の花


チューリップ、スイートピー、ミモザ、ライラック、マーガレットなど
薄いピンクやイエロー、白などが春らしくていいでしょう。うららかな感じにまとめると、素敵です。


アジサイ、ヒマワリ、ダリア、デルフィニウム、ラベンダーなど
大輪の花は夏の象徴。ブルーのグラデーションで、海や青空といったイメージに仕上げるのもさわやかです。


コスモス、リンドウ、ラナンキュラスなど
たとえば、オレンジブラウンのラナンキュラスをポイントに、しっとりしたイメージでまとめると、秋の風情に。


アネモネ、フリージア、クリスマスローズなど
寂しくならないよう、これから春を迎えるという、希望に満ちあふれた演出を加えましょう。

通年 バラ、ガーベラ、トルコギキョウ、カーネーションなど
一年中手に入る花もたくさんあります。ガーベラなどは色も豊富。イメージに合わせてコーディネートできます。

■コーディネートアイデア

受付の花にこだわる
受付やウエルカムボードの花は、招待客を和やかな気持ちに。会場の雰囲気と合わせるのがコツです。

花をプレゼントに
ナプキンや席札に添えた花は持ち帰ってもらうと、喜ばれます。

色を上手に使う
テーブルフラワーから1色を抜き出して、カトラリーのリボンの色を統一してみます。多色使いをせず、さし色で勝負。

アイテムを上手に使う
花が生きるクリアなガラスや真っ白なフラワーベースを用意します。夏はガラス容器に水を張り、青い花を浮かべると涼しげです。

イスに花を飾る
ゲストの衣装の邪魔にならない程度に、プチフラワーをイスに飾ってみましょう。