挙式・披露宴の準備
引出物

■引出物

引出物は招待客へのお礼という意味があります。喜んで使ってもらえるようなものを選びましょう。会場以外の場所で選ぶ場合は、持ち込み可能かの確認を。

■主流は食器類

引出物は、ホテルなどの結婚式プランに含まれている場合と、自分たちで調達して持ち込む場合があります。前者の場合はカタログから選びますが、後者なら品物選びが必要です。
ただ、会場によっては持ち込みできない場合があるので、事前に確認しておきます。また、持ち込みOKでも、持ち込み料(1品につき300〜500円)が必要になったり、会場の引出物袋を購入する必要があることも。
引出物で圧倒的に多いのが食器類。ほかに、キッチン用品やインテリア・生活用品などが主流です。また、最近では、招待客によって引出物を変えることも多いようです。たとえば、年配層向けに和食器、若い人向けに洋食器というように数種類用意するなど。
ただし、間違いのないよう、会場の担当者にお願いし、わかりやすいように印をつけておきます。 通常、招待客は引出物を持って帰宅するので、重いものやかさばるものは避けます。
結婚式便利帳って何
子育て

■引出物に何を選ぶ?

もらってうれしいもの
「自分では買わないけれど、買い足しもできる実用的なもの」が、もらってうれしいもの。たとえば、デザインのきれいなガラスボウル、有名ショップのトイレタリーシリーズなど。また、荷物にならず、自分で好きなものを選べるカタログも人気です。

もらって困るもの
もらって困るものの代表に、新郎新婦の名前や写真が入ったペアグラス、マグカップなどがあります。二人の記念にという気持ちはわかりますが、「思い出して」という意味を込めたいなら、西暦だけカービングするなど。さりげなさも、おもてなしのひとつです。

■引出物いろいろ

インテリア用品
フォトスタンドやメモスタンド、小物入れなどが定番です。無地のものなど、シンプルなデザインのほうが長く使えるので、人気があります。

キッチン用品
食器やトレー、カトラリーセットなど。ユニークなグッズも多いので、若い人向けには斬新な引出物を選んでも。高級ブラインドの食器などが人気です。

生活用品
タオルセットやバス用品セットなど。ソープやバスジェルを選ぶ場合、ブランドショップのものやデザイン重視でオリジナリティーを出してもいいでしょう。

ギフトカタログ
ギフトをとりそろえたカタログ。ゲストが自分でほしいものを自由に選ぶことができるので、合理的。持ち帰りのときにかさばらないというメリットもあります。

■引出物を発注するスケジュール

3ヶ月前
・ ひとりあたりの予算を決め、だいたいの品数を見積もります。
・ 会場に持ち込み料金を確認しておきます。

2ヶ月前
・ 品物の候補をしぼります。

1ヶ月前
・ 品物とその数を決定し、発注します。
・ 自分たちでラッピングする場合は、その準備をします。

2週間前〜前日
・ 持ち込みの場合は搬入日や場所を確認し、配送業者に伝えます。
・ 品物が会場に届いているか、確認をします。