挙式・披露宴の準備
席次表の作成

■席次表の作成

席次表は、だれがどこに座るかを表にしたもの。
招待客の優先順位を示すことになるので、失礼のないようにしましょう。
とくに、誤字や脱字は厳禁です。

■席次の基本パターン

散らし型

散らし型
テーブルをまんべんなく散らす形。和やかな雰囲気の披露宴になります。
また、人数の増減があっても対応しやすいメリットも。






くし型

kし型
メインテーブルに対して、招待客のテーブルを垂直に配置。 出席者の多い披露宴は、くし型にするケースが多いようです。
子育て

■主賓は上座、親族は下座

まず、入り口から一番奥の正面に、新郎新婦と媒酌人が座ります。向かって左が新郎、右が新婦です。これがメインテーブルとなり、そこに近いテーブルが上座、入り口に近いほうが下座となります。
テーブルの配置には、代表的な形として「散らし型」と「くし型」があります。
上座の席に主賓が座り、親や兄弟などの家族は末席である下座に座るのがルール。上座から下座までの間に、その他の招待客が着席しますが、社会的地位や新郎新婦との関係、親密度などを考慮して、失礼にあたらないよう十分注意しましょう。

■隣り合わせも考える

新郎もしくは新婦にとっては親しい友人でも、高校時代、大学時代など、知り合った時期によって友人のグループは異なり、お互いに面識のない場合があります。
たとえば高校時代の友人をひとりだけ招待しても、ほかに知り合いがいなければ、その友人に退屈な思いをさせてしまいます。
なるべく、同一グループから複数の人を招待し、隣り合わせに配慮するよう心がけましょう。席の配置は、おもてなしの心で考えます。

■席次を決めるポイント

主賓は上座、親族は下座
主賓か上座になります。
以下、恩師や上司など→先輩→年長の友人→友人→同僚→後輩→親族→兄弟→両親(末席になります)の順に配置します。

仕事関係の人に注意
仕事上の付き合いがある人を大勢招待する場合は、とくに考慮しましょう。
上下関係を間違えてしまうと、招待客に悪い印象を与えてしまうことも。職場の既婚者の先輩などに相談してみるといいでしょう。

話し上手な人を配置
親しい人たちのグループからひとりしか招待できないときは、話し上手な人をその人の隣に配置しましょう。

子ども連れは出入り口近くに
小さい子どもを連れて来なければならない場合や、招待客が妊娠中といったケースには、本人と相談した上で、出入り口に近い場所に席を設けるなどの配慮をしましょう。

両家の招待客を同じテーブルに
両家の招待客の数はできるだけ同じくらいにしたほうがよいのですが、人数が違う場合、同じテーブルに両家それぞれの招待客を配慮しても大丈夫です。

肩書きなどを確認
席次表や席札の名前、肩書き、会社名まで、きちんと確認しておきましょう。間違えると、とても失礼です。