挙式・披露宴の準備
招待客の交通と宿泊手配

■招待客の交通と宿泊手配

遠方から結婚式に参加してもらう際の交通費や宿泊費は、どの程度負担するか悩みどころ。 相手との関係や招待客の優先度を考えて検討しましょう。

■遠方からの招待客への気配り

主賓など
今後の末永いお付き合いを考慮し、交通費と宿泊費を全額負担します。
宿や着つけの手配などもしましょう。
相手が自分で手配した場合は、お車代などとして当日渡します。

親族
基本的に親と相談しましょう。今までの付き合いの経緯で考え、「お互いさま」という場合は出さなくても。
また、相手への連絡なども、親に任せてしまったほうが早い場合も多いものです。

友人
交通費か宿泊費のどちらかを負担しましょう。
相手に負担してもらう場合には、ご祝儀の辞退などの考慮が必要。
親族と同様、お互いさまの場合は、出さなくてもOKです。
結婚式便利帳って何
子育て

■主賓は全額負担が礼儀

媒酌人や主賓が遠方の場合は、交通費や宿泊費は基本的に負担するのがマナー。チケットなどは事前に発送します。
着つけなどの必要がある場合には、その場所を確認し、連絡しておきます。また、遠くなくても主賓には車を手配するか、車代を用意しましょう。
親族の場合は、親と相談してどうするか決定したほうがよいでしょう。
友人の場合は、一般的に交通費か宿泊費のどちらかを負担します。
両方とも負担してもらってご祝儀を辞退するという方法もあります。
また友人に自己負担で来てもらう代わりに、友人の結婚式にはこちらが自己負担で参加するという「お互いさま」の約束をする場合もあるようです。
なお、招待状を送る前に、あらかじめ「遠くて申し訳ないけれど参加してもらいたい」という連絡をしておきましょう。

■割引情報を集める

それでも交通費などの負担額は相当な金額になってしまうかもしれません。
航空会社の「早割」などの割引サービスやディスカウントショップの格安チケット、回数券などを利用して、賢い倹約を心がけましょう。

■旅費の賢い倹約術

式場のホテルの割引サービス
ホテルで挙式する場合には、参列者の宿泊料を割り引いてくれるサービスを用意していることも。
会場に確認してみるといいでしょう。

ディスカウントショップで購入
新幹線や航空券など、割安のチケットをディスカウントショップで販売している場合があります。チェックしてみましょう。

知人などの旅行代理店を利用
知り合いに旅行代理店や交通機関関係の人がいる場合、代理店ルートの割引サービスを受けられることがあります。
また、職場の総務担当者が仕事柄、代理店と懇意にしている場合もあるので、聞いてみると有益な情報が得られるかもしれません。

回数券を利用する
とくに鉄道などの場合には、回数券をまとめて購入すれば、1枚ずつ買うより安くなります。人数が多く場合には有効です。

早期割引サービスを利用
早期予約による運賃の割引サービスなど、最近はいろいろなお得情報があります。利用して賢く倹約しましょう。

■交通費や宿泊費はどうやって渡す?

割引チケットを購入する場合は、こちらで手配してあらかじめチケットを発送します。
交通費の一部を負担するなら、お礼の気持ちとして現金を渡します。
主賓クラスの人には、割引チケットを事前に渡すより、当日お車代として現金を包むほうが失礼にあたりません。
宿泊はまとめて予約をとり、宿泊費をこちらで精算するといいでしょう。