挙式・披露宴の準備
招待状の作成

■招待状もいろいろ

招待状は、オーソドックスに式場に依頼する方法から、自分たちのカラーを出す手作りまで、タイプはいろいろ。失礼のない文面になるよう心がけましょう。
結婚式便利帳って何
子育て

■式場や専門店が手軽

1ヶ月前には出欠を確認しておきたいので、そこから逆算すると、3ヶ月くらい前には招待状の準備を始めておきたいものです。
招待状の作成には、基本的に3つの方法があります。まず一般的なのが、式場に頼む方法。結婚式一切を依頼すると、通常、招待状の作成も盛り込まれています。招待客のリストを渡せば作成してくれるので簡単です。何種類かのパターンから選択するタイプが一般的で、あまり斬新な招待状は期待できませんが、あて名も毛筆で書いてもらえるので、かなりフォーマルな招待状となります。
紙の質やデザインにこだわるのであれば、専門の業者に依頼する方法もあります。サンプルも豊富で、フォーマルな招待状から斬新でカジュアルなものまでいろいろ。インターネットからの注文を受けつけているところもあります。値段は式場に頼むよりは割高になりがちですが、印象的な招待状を作ることができます。

■オリジナル招待状のアイデア

イラストを使う
イラストや似顔絵を使った招待状なら、よりカジュアルで、親しみのこもった雰囲気を出せます。

チケット風にする
友人中心の披露宴や二次会には、ライブチケット風の招待状にするとユニークです。音楽好きのカップルなどに。

クレヨンの絵や切り絵入り
クレヨンで描いた絵を入れたり、色紙や千代紙で作った切り絵を貼ってもいいでしょう。ほのぼのした、温かい招待状になります。

■招待状の書き方

差出人が両家の父親

差出人が両家の父親

差出人が本人

差出人が本人