ウエディングの衣裳選び
婚花嫁衣装のプラン

■ウエディングの衣装選び


純白のウエディングドレスの華やかさ、それとも白無垢の奥ゆかしさ・・・・・。
花嫁にとっては心躍る衣装選びです。衣装、ヘアメイク、小物選びと同時に、とびきりの花嫁になるためにボディのお手入れも忘れずに。

花嫁衣装のプラン

一生に一度の晴れ姿。一番ワクワクする衣装選びです。
まずはスケジュールを把握し、オーダーから小物の注文など、もれなく進めましょう。
結婚式便利帳って何
子育て

■挙式のスタイルも考慮

衣装プランを立てるときに重要なのは、まずウエディングスタイル。キリスト教式の場合はウエディングドレスが基本ですし、神前式は和装が主流です。次に、披露宴のスタイル。会場の大きさの合わせた衣装を選びましょう。たとえば小ぢんまりとしたレストランウエディングの場合、ボリュームのあるドレスは動きにくい上、招待客の邪魔になることも。また、披露宴のお色直しは、2回までに。和装から洋装に着替える場合などはヘアメイクに時間がかかります。

■小物の調達も必要

衣装に合わせた小物の調達も必要です。式場のレンタルなどは小物一式をそろえてくれますが、フルオーダーのドレスは、必要なものを自分で準備しなければなりません。結婚式3ヶ月前には衣装を決めるので、体形キープも重要。花嫁にとっては心躍る衣装選び。まずは、なりたい花嫁を思い描いてみましょう。

■Check!

レンタルする?購入する?
海外挙式から国内の披露宴など、数回着る予定がある人はドレスを購入したほうが得かもしれません。ウエディングプロデュース会社などでも扱っており、系列のショップであれば10万円前後から購入も可能です。自分がデザインした衣装がほしいという人は、迷わずオーダー専門のショップへ。自分でデザイン画を描いてもいいし、既製品を作り直すセミオーダーもあります。金額は20万円〜を目安にしておきましょう。一見リーズナブルなレンタルも、最近は20万〜30万円が主流のようです。その分、デザインも豊富なので、自分のイメージにぴったりの一着が見つかります。

■衣装選びのスケジュール

・7〜8ヶ月前
 ブライダルフェアなどで衣装を下見
 ブライダルフェアでたくさんの衣装を目の前にすると圧倒されてしまいます。まずは、イメージを固めておきましょう。

・衣装スタイルの決定
 だいたいのスタイルを決定します。

 ドレスのフルオーダーの場合は申し込む
 デザインによっては4〜5ヶ月かかることも。早めにオーダーしたほうが安心です。

・5〜6ヶ月前
 お色直しのプランを決める
 まず回数を決め、次はかわいらしさ、豪華さなど、テーマを決めましょう。

・レンタル衣装の比較
 メイン衣装、お色直しともに検討します。サイズ直しに応じてくれるかも確認。会場以外で調達する場合は、持ち込み料にどれぐらいかかるかもチェックしておきます。

・3〜4ヶ月前
 ブライダルエステにとりかかる
 衣装を決めたら体形キープにもとり組みたいもの。ただし、スリムになりすぎるのは避けて。

【衣装決定!】

・小物の発注
 衣装が決まれば、次は小物の発注。和装の場合は小物が多いのでもれがないように。

・1〜2ヶ月前
 衣装フィッティング
 ここで最終的な直しを入れます。写真を撮ってブライダルブックに貼っておいても。

・ヘアメイクリハーサル
 衣装の雰囲気、アクセサリーに合わせてヘアメイクを決めます。自分のイメージも伝えます。