ウエディングの衣裳選び
ドレスの小物やアクセサリー

■小物&アクセサリー

ドレスが決まったら美しさを際立たせる小物を選びます。小物選びは、衣装選びと同様にワクワクする瞬間。自分らしさを演出しましょう。

■お気に入りを見つける

ウエディングドレスの美しさを引き立てるのが小物とアクセサリー。シンプルラインのドレスでも、小物次第でドレッシーにもキュートにも変わります。会場で借りたレンタルショップを利用する場合は、小物込みの料金になっておりこともありますが、お気に入りのショップを見つけて選んでもかまいません。ドレスに合わせたい小物の中でおもなものは、ベール、ヘッドドレス、手袋、ネックレスやイヤリングなどのアクセサリー。キリスト教式挙式ではベールが不可欠ですが、ドレスのトレーンよりも長いものが正式です。挙式に使うものなので、長さは会場に合わせて選びます。
結婚式便利帳って何
子育て

■ドレスの型に合わせる

アクセサリーはドレスの雰囲気に合ったものを。基本的にはパールのネックレスやイヤリングが人気ですが、チョーカーで鎖骨を強調するのもおしゃれです。ドレスのネックラインがビスチェタイプなら、ボリュームのあるものでもOK. 逆に、スクエアカットのものはシンプルな一連パールなど。立ち衿のドレスはイヤリングだけで、その分ヘッドドレスで個性を出す方法もあります。 ブーケは花嫁の必需品。ドレスに合わせ、とびきり美しいブーケを作りましょう。靴は、新婦の背丈によりますが、ヒールの高さがだいたい10センチ以上のものを。ミディ丈のドレスなら、レース素材やサテンをあしらったものでも。

Check!

ヘッドドレスでオリジナリティーを
Aラインのドレスにボンネやオーガンジーのコサージュを合わせればクラシカルに、生花やクラウン、ティアラならキュートになります。最近は、パールやスワロフスキーをあしらったカチューシャも人気。ネックレスのような髪飾りのラ利えっとは、髪に編み込んでも使えます。

■ドレスの小物

ヘッドドレス
髪飾り。王冠型のクラウン、ベールに映えるティアラ、レースで作る帽子形のボンネなどのほか、カチューシャやラリエットも。ブーケとの統一感を出すなら生花が一番です。

手袋
ドレスの型に合わせます。袖が短い場合は長いタイプ、袖が長ければ短いタイプに。生地もシースルータイプ、レース素材、サテン素材などがあります。


ヒールの高さは、ドレスができ上がってから確定してもOKです。新郎との背の高さも考えて決めましょう。

ベール
腰までのショート丈、裾までのロング丈があります。会場の雰囲気、自分の背丈も考えて選びましょう。縁にレースをあしらったマリアベールなら、神聖な雰囲気。ベールを手作りする人もいます。

アクセサリー
ドレスの形に合わせたネックレスとイヤリングを。シンプルなドレスなら、華やかな雰囲気のボリュームのあるものでもOKです。

ブーケ
ドレスとの相性はとても大事。花、色ともにイメージをしっかり伝えましょう。

花嫁に似合うフレグランス
ローズマリー
古代から香水として使われてきたローズマリーは、すっきりとしたさわやかな香りが魅力。頭をクリアにし、集中力を高める働きもあります。

ローズ
花の女王といわれる、優雅で気品高い香りが特徴。深いリラクセーションと幸福感をもたらしてくれるので、特別の日によく合う香りです。

ジャスミン
幸福感を高めてくれる濃厚で甘い香り。気分の落ち込みを防いでくれる働きもあります。ジャスミンは花嫁を幸せにする花ともいわれます。

ベルガモット
すがすがしくさわやかな柑橘系の香り。フローラルなトーンも含まれています。気分を高揚させてくれる働きがあります。