ウエディングの衣裳選び
ウエディングドレスの選び方

■どんなドレスが似合う?

自分にどんなドレスが似合うのかわからないとき、頼りになるのは身近な人。とびきりの花嫁になるためには、遠慮なくアドバイスしてくれる人が必要です。

■身近な人と一緒に

衣装選びに大事なのは、自分に似合う全体のライン。次に、ネックライン、スリーブラインなどをチェックします。とはいえ、似合うドレスがわかる人はなかなかいません。ぜひ身近な人を連れて行きましょう。退屈しないようなら彼でもOKですが、一番は母親や姉妹など。遠慮なく意見を言ってもらいましょう。写真撮影OKであれば、1着ごとに写真を撮っておき、小物選びなどの参考にします。
結婚式便利帳って何
子育て

■ドレスライン

Aライン
ウエストから裾へのなだらかなラインが特徴。どんな体型にも似合い、キュート。ウエディングスタイルも問いません。

マーメイドライン
ひざあたりまで体の線に沿い、裾だけにボリュームがあります。トレーンを長くすると豪華。細身で背の高い人に。

プリンセスライン
ウエストまではタイトで、スカートのふくらみに特徴が。オーガンジー素材などを合わせれば、よりボリュームがでます。

スレンダーライン
シンプルな印象の細身スタイル。レストランウエディングなど新婦も動いて楽しむパーティースタイルに合います。

スリーブ
フレンチスリーブ
身ごろからの切り替えがなく、肩先に続くデザイン。肩先だけをおおいます。なで肩に人におすすめ。

パフスリーブ
ふんわりとしていて、ボリュームがある袖。二の腕の太さ、なで肩、いかり肩をカバーできます。

オフショルダー
鎖骨ラインを強調できます。肩幅が広く見えるので、小顔効果もあります。すっきりとした印象

■ドレスの素材や色

【素材】
オーガンジー 透け感があり、ふわふわして軽やかな印象。ボリュームも出るので華やかです。

レース 総レースはゴージャス。スレンダーラインに合わせるとクラシックな印象にも。

サテン 生地に張りがあり、美しい光沢が抜群。ドレスのなめらかな流れを作ります。

ミカドシルク ミカド(帝)の名にふさわしい最高級シルク。張り、つやともの際立つ素材です。

【色】
白 純白は清楚な印象を際立たせます。ガーデンパーティーでは光が反射してきれい。

オフホワイト 日本人の肌になじむ色です。純白よりも落ち着いた印象になります。

シャンパン シャンパンゴールドはきらきら輝いて華やか。披露宴でのライトにも映えます。