ウエディングの衣裳選び
花婿の衣装

■花婿の衣装

衣装は花嫁メインとはいえ、花婿にも素敵に着こなしてほいもの。二人のトータルバランスを考えて、一番格好いい衣装を選びましょう。

■基本を守りつつ遊び心も

花嫁衣装に合わせて花婿衣装も選びましょう。昼間の披露宴ならモーニングコートやロングタキシードを、夜ならテールコートがタキシードを選びます。色は黒、グレー、白が基本。彼の場合も、顔映りのいい色を選ぶといいようです。 最近では、花婿も衣装を替えるケースが増えています。花嫁のお色直しの衣装に合わせて、同系色のセレモニースーツを選んでもいいでしょう。
結婚式便利帳って何

■Check! 新郎の整髪

たいてい自分でセットするようで、花嫁と一緒にセットしてくれなくてがっかりする人もいます。当日あわてないために髪をカットしておき、スタイリング剤も持参しましょう。なお、事前に申し込んでおけば、ヘアメイクをしてくれることもあります。

■洋装

【昼の披露宴】
 ロングタキシード
 本来は夜の準礼装であるタキシードも、ジャケットを長めにしたものが昼間の披露宴で着用されています。

 モーニングコート
 昼の正礼装。上着の後ろがひざまであり、腰の位置が高く見えます。最近は、父親の衣装としてよく用いられます。

【夜の披露宴】
 テールコート
 夜の正礼装。燕尾服と呼ばれ、上着の後ろが長いのが特徴。正式には白のベストに白の蝶ネクタイを。

 タキシード
 夜の準礼装。ウィングカラーのシャツに蝶ネクタイをつけ、ベストを着用。最近はロング丈が人気です。

 洋装小物
 ウィングシャツ
 立ち衿のフォーマル用のシャツ。上着から1センチのぞく程度の袖丈がベストマッチ。

 手袋
 白かグレーのものを、手に持ちます。

 ポケットチーフ
 白の麻、またはカラーのシルク素材が正式。

 靴
 プレーントゥのエナメル靴が無難。

■和装

紋付羽織袴
もっとも格式の高い和装。婚礼では五つ紋つき。袴は、ひだのある黒が茶の縦縞です。

色紋付羽織袴
紺やグレー、グラデーションの入ったものなど、お色直し用にさまざまなカラーがあります。

和装小物
白扇子
竹骨の白い扇子を手に持ちます。


「西陣」などの角帯を下腹のあたりに締めるのが一般的。色はグレーか茶色が基本です。

草履
畳表の鼻緒が白い雪駄を履きます。

足袋
足袋は白足袋にします。