ウエディングの衣裳選び
お色直し

■小物を替えるだけでも

もちろん、お色直しなしでもかまいません。でも、キャンドルサービスなどの演出のため、少し印象を変えたいという人もいるかもしれません。その場合は、2ウエイドレスを選ぶのもいいでしょう。 衣装を替えなくても、髪型を変えたり、ドレスに飾りをつけるだけでも。センスを生かしてオリジナルコーディネートを楽しみましょう。 お色直しはしないけど、別の衣装を着てみたいという人には、前撮りがおすすめ。あわただしさがなく、しかも、違う雰囲気が味わえます。
結婚式便利帳って何
子育て

■和装へのお色直しも

キリスト教式挙式の場合、挙式衣装はウエディングドレスですから、披露宴前半をそのままウエディングドレス、お色直しはカラードレスか和装というケースが多いようです。神前式挙式では、挙式を白無垢、披露宴前半を色打ち掛け、お色直しでカラードレスかウエディングドレスというパターンが見られます。 以前は、洋装から和装へのお色直しは時間がかかるために敬遠されがちでしたが、引き振袖などの人気もあり、2着目に和装をとり入れるケースも増えています。 その場合、ヘアメイクはそのままでアクセサリーに和風のかんざしをつけたり、生花をあしらったり、また、和風ブーケを用意してレトロな雰囲気を楽しむこともできます。とはいえ、洋装から和装へのチェンジは時間がかかります。招待客が退屈しないような演出が必要でしょう。

Check!

お色直しに白いドレス ウエディングドレスからのお色直しに、白いドレスを選んでもかまいません。その場合、スタイルと素材をがらっと変えるのがポイント。たとえば挙式と披露宴前半はスレンダーラインで清楚に、お色直しはオーガンジーをふんだんに使ったドレスで可憐にというようにします。

■お色直しをしないで、イメージチェンジ

1. 基本のドレスを生かす
ボレロやスカートがとりはずせる2ウエイドレスがあります。ほかにも、オーガンジーなどのふんわりしたガウンを羽織るだけでも、雰囲気がだいぶ変わるものです。

2. 小物でイメージチェンジ
ブーケやアクセサリー、ヘッドドレスを替えると、イメージチェンジが可能です。
違った雰囲気のブーケに替える、ウエディングドレスに大きなコサージュをつける、アームドレスやチョーカーなどをプラスする・・
オリジナルのアイデアを考えてみましょう。

3. ヘアスタイルを変える
アップスタイルからダウンスタイルへ、髪型をチェンジ。ヘッドドレスも、ティアラからラリエッタなど、印象の違うものに替えてみます。ヘアメイクスタッフと打ち合わせて、オリジナルの変化を楽しみましょう。

■お色直しのポイント

時間がかかりすぎないものに
中座時間が長いと、招待客にも失礼にあたります。もっとも簡単なのはドレスからドレスのパターン。着物へのお色直しも、洋装のヘアスタイルのままなら時間を短縮できます。

和装→洋装なら、ベールなしで
ベールは本来、挙式で必要になるものですが、披露宴でも、ヘアアイテムのひとつひとつ使われています。お色直しでは、ベールなしのほうが軽快なイメージです。

イメージが変わるものを
再入場の際に雰囲気ががらりと変わるほうが、招待客も楽しめるでしょう。ドレスからドレスの場合も、色、形ともに違うイメージのものを選びましょう。