ウエディングの衣裳選び
マリッジリング

■ずっと身近にある大切なもの

マリッジリングは、挙式のセレモニーでの必需品であるとともに、ずっと身近にある大切なもの。日常使いを考えて長く愛用できるものを選びましょう。

■選ぶ基本は普段使い

マリッジリングは、はじめての日常使いのアクセサリーとなる男性も多いはずです。それだけに、彼の好みもとり入れて選びましょう。 選ぶポイントは、違和感なく普段使いできるもの。ビジネスシーンでも使うものなので、ボリュームを抑えたシンプルなものが好まれます。
結婚式便利帳って何
子育て

■リングのデザイン

オリジナル
セミオーダーでも注文できるデザイン性の高いものも人気があります。石はダイヤだけでなく、誕生石などを入れてもいいでしょう。

ストレートライン
男性の指にも合うデザインが人気。プラチナだけのシンプルなものや、つや消しで落ち着いた印象のものが好まれます。

ダイヤのリング
男性はシンプルに、女性はハーフエタニティなどとしても。縁をプラチナでおおえば、服なども引っかかりません。リングの内側にブラックダイヤを入れても。

S字ライン、V字ライン
ウエーブやVカットの細身のものはビジネスシーンでも違和感がありません。こんなシンプルタイプの内側に石を一粒入れるなど、さりげないこだわりも人気。

■素材はプラチナが主流

汗などで変色することが少ないため、素材はプラチナが人気です。とくに傷つきにくいハードプラチナもあります。ゴールドは、ピンクゴールドなど色味が違うものが注目を集めています。プラチナとのコンビリングにしてもおしゃれです。

■2〜3週間はかかる

既製のリングをサイズ直しし、内側にイニシャルなどの刻印を入れると、でき上がるまでに2〜3週間はかかります。 また、世界にひとつのオリジナルリングにこだわるなら、オーダーメイドも可能。こちらは、仕上がりまでに2〜3ヶ月必要です。ほかに、ショップが用意しているセミオーダーなら2〜3週間ででき上がります。

■マリッジリングのこだわりポイント

デザインにこだわる
フルオーダーならオリジナルデザインができます。ファッションリング風のものが人気で、独特のフォルム、質感にこだわっても。ネックレスにアレンジできるものもあります。

ペアにこだわる
二人のリングを合わせるとハート型のモチーフができ上がるなど、ふたつでひとつというタイプも依然、人気。女性の場合は、エンゲージリングとのセットリングにこだわる人も。

素材にこだわる
耐久性が高く、変色の少ないプラチナが主流ですが、ピンクゴールドも人気。プラチナとゴールドなどのコンビリングもあります。石はピンクダイヤ、ブルーダイヤを入れても。

■マリッジリングのオーダー

フルオーダー
すべてをオリジナルで作ること。デザイン画から始めて時間がかかるため、挙式6ヶ月前にはオーダーしましょう。
ペアで20万〜40万円

セミオーダー
リングを購入する際に、素材やカラーなどを別々に選んで組み合わせるシステム。石、素材にこだわりたい人に。
ペアで10万〜30万円