ウエディングの衣裳選び
サムシングフォー

■幸せになるおまじない

結婚式の日に花嫁が4つのものを身につけていると、幸せになれるというおまじないが、「サムシングフォー」。ヨーロッパに古くからある言い伝えです。 まず、「サムシングオールド(何か古いもの)」です。これは、先祖から受け継がれている幸せや恵みを花嫁にもたらしてほしいという願いが込められています。母親からもらったネックレスなど、アクセサリーがよく使われます。 ふたつ目が「サムシングニュー(何か新しいもの)」で、新生活への希望を表します。ウエディングドレスやベール、靴など、この日のために買ったものはすべてサムシングニューとなります。 3つ目に「サムシングブルー(何か青いもの)」。青は花嫁の純潔を表す色といわれ、ヨーロッパでは、聖母マリアを象徴する色でもあります。ガーターベルトなどのランジェリーに青い色をとり入れるのが一般的のようです。 そして最後に、「サムシングボロー(何か借りたもの)」。幸せな結婚生活を送っている友人などか幸運のお裾分けをというおまじないです。手袋やベール、アクセサリーなどを借りてもいいでしょう。
結婚式便利帳って何
子育て

■上手にとり入れる工夫を

サムシングフォーには特別な演出が必要ないので、気軽にとり入れることができます。たとえば、ブーケに青い花を入れたり、マリッジリングにブルーダイヤやブルーサファイアを入れたり・・・・・。アイデア次第です。

サムシングフォートは?
1. Something Old 古いもの
先祖から伝わる幸せを受け継ぐという意味が込められています。母親から譲られたアクセサリーや結婚衣装などを。
2. Something New 新しいもの
新しいものはこれから始まる生活への希望。一般には白いもので、ウエディングドレス、ベールなどがこれにあたります。
3. Something Blue 青いもの
純潔を表すブルー。目立たない場所につけるのがいいといわれています。青い花やリボンを装飾に使ったりしても。
4. Something Borrow 借りたもの
友人や隣人からの愛を表します。ハンカチやアクセサリーを借りるのが一般的。友人が結婚式で使ったものを借りても。

■幸せアイテムいろいろ

6ペンス銀貨
イギリスでは、サムシングフォーにもうひとつ、花嫁の靴に6ペンス銀貨をしのばせる風習があります。「経済的に安定した豊かな人生となりますように」というおまじないです。

クマのぬいぐるみ
ウエルカムベアなど、結婚式でも活躍するクマのぬいぐるみ。クマの母性愛の強さにちなみ、「いい母親になれますように」という願いがこめられています。また、テディベアは魔よけになるという言い伝えも。

ホースシュー(馬の蹄鉄)
その形から、幸せを受けとめてくれるといわれます。ホースシューの形をした小さなチャームを。ヘアアクセサリーにしのばせてもいいでしょう。

ドラジェ
ドラジェは、アーモンドを砂糖で包んだお菓子。欧米の結婚式では、ドラジェを5つずつゲストに贈る風習があります。5つのドラジェは、「長寿」「幸福」「健康」「繁栄」「富」のシンボルとされているのです。

シークレットシュガー
花嫁の左の手袋の薬指に砂糖菓子をそっと忍ばせておくと、幸せな結婚生活を送ることができるといわれています。

ネズミの人形
ネズミは子孫繁栄のシンボルで、ウエルカムボードなどに飾ったりします。