ウエディングの衣裳選び
和装の小物、アクセサリー

■それぞれに意味がある

和装には独特の小物があり、それぞれに意味があります。上品な光沢のどんす織やあでやかな刺しゅうのデザインのものなど色とりどりです。

■小物で色を楽しむ

着物を引き立てるのが小物です。白無垢の場合は小物にも純白を選びますが、引き振袖の場合は、黒引き振袖にピンクの懐剣と筥迫など、衣装に合わせて選びます。色引きの場合は、帯締めや帯揚げの色に合わせると統一感があります。さし色として使うなら草履もひと役買います。
結婚式便利帳って何
子育て

■ひとつずつ意味がある

和装には決まりがあり、長じゅばんの上に掛け下、その上に打ち掛けを羽織ります。帯を締めて筥迫と懐剣をさし、手には末広(扇子)。これが正式なスタイルです。 花嫁衣装の小物は、もともとは実用品。たとえば筥迫は、化粧道具や懐紙をいれるもの。今でいうと化粧ポーチのようなものです。懐剣は護身用としてさしていた短剣が装飾品となったもの。房の飾りがあでやかですが、「いざというときは自ら身を守る」という決意が込められています。扇子は末広がりがおめでたいとされ、末広と呼ばれます。

■自分で用意するもの

伊達締め
幅広の着つけひも。着崩れを防ぐため、帯の下に締めます。

帯枕
帯をふくらませるもの。ひもつきのものが使いやすく、おすすめです。

肌じゅばん
一番下に着る肌着。汗を吸う、通気性のある素材を選びましょう。

腰ひも
着物の丈を調節するのに必要。5〜6本用意しておきましょう。

白足袋
足のサイズを基本に選びましょう。予備も用意しておきます。

裾よけ
じゅばんの汚れを防ぎ、着物との滑りをよくし、歩きやすくします。

タオル
体形を補整するために使います。スリムな人は多めに用意。

和装用ストッキング
寒いときに足袋の下にはくストッキングです。

帯板
帯を締めるとき、前帯の部分にしわがよらないようにはさむものです。

【和装のときの小物】
綿帽子
挙式に使われる綿の入った帽子のようなもの。最近は、オーガンジー素材のものもあります。

懐剣
帯の内側にさします。白無垢には白、色打ち掛けには鮮やかな色のものを使います。

末広
扇子のこと。白無垢のときは白を、色打ち掛けのときは、白いもののほか、房に赤い色がついたものを選びます。

かつら
花嫁の負担にならないように、軽いかつらもあります。事前にかつらあわせをしましょう。

筥迫
柄が少しだけ見えるようにさします。代わりに同じ装飾の紐入れを使うこともあります。

草履
花嫁の和装は裾を引くため、かかとの高いものを選びます。鮮やかな色の草履もあります。

【帯まわりの小物】
帯揚げ
帯を結ぶときに使う実用品。帯の上から見えるため、装飾品としての役割もあります。

帯締め
花嫁衣装では中に綿を入れた「丸ぐけ」が一般的。装飾品としていろいろな柄があります。

抱え帯
着物の裾をたぐって押さえるためのもの。装飾的要素が強い小物。