ウエディングの衣裳選び
和装スタイル

■和装スタイル

日本ならではの花嫁衣装である白無垢や打ち掛け。中でも白無垢は神前式挙式にぴったりのスタイルです。最近は、和の装いが脚光を浴びています。

■詳しい人と一緒に選ぶ

和装を選ぶ場合は生地や柄の大きさ、質感などをチェックします。基本的には、大柄な人は細かな総柄が似合うといわれますが、できれば着物に詳しい人に同行してもらいましょう。草履を履き、後ろ姿もチェックしてもらいます。
結婚式便利帳って何
子育て

■白無垢で清らかさを

伝統的な神前式挙式なら白無垢が基本。真っ白な打ち掛けに掛け下(打ち掛けの下に着る振袖)、帯、小物まで白で統一された衣装は、和装では一番格式の高いものです。そのほか、金や赤、色とりどりの刺しゅうが施されたあでやかな色打ち掛けは、披露宴で着る人の多いスタイルです。
今人気なのは、引き振袖。モダンな柄もあり、帯や半衿(長じゅばんの衿につける布)、小物でモダンなスタイルにできると評判です。引き振袖はもともとは武家の正式な婚礼衣装で、黒引きと色引きがあります。帯や小物に赤のさし色を使うと、華やかな雰囲気をかもし出します。
また、オーガンジーやレース素材を羽織った新和装もあります。こちらは、パステル調の色合いがかわいらしい印象になります。

■和装のいろいろ

白無垢
格式あるスタイルで,神前式挙式や人前式挙式で着用。光沢のあるどんす織、柄が浮かび上がる唐織などがあります。

色打ち掛け
華やかなので、大きな会場の披露宴に最適です。しびりや鮮やかなピンクの打ち掛けなどもあります。

引き振袖
袖が長い黒地の振袖。比翼(着物の衿や袖口、裾など内側が見える部分)に鮮やかな色を入れるなど、モダンなものも。

新和装
かわいい色の打ち掛けにオーガンジーなど柔らかい素材を羽織った着物。ふんわりした印象で、お色直しに選ばれます。