結婚準備
ウエディングブック

■ウエディングブックは便利

式場を下見したり、フライダル雑誌を見たりして集めた情報は、
一冊のウエディングブックにまとめると役立ちます。
結婚式便利帳って何

■ウエディングブックを作ってみよう

したいことリスト
打ち合わせメモ
子育て

■結婚のことを一冊に

挙式、披露宴までの限られた日数を効率的に使うためにも、ウエディングブックの作成をおすすめします。1冊のノートを用意し、結婚式までのすべてをこれに書き入れていくのです。たとえば「結婚式でこんなことをしたい」ということを書き出していけば、イメージを固めるヒントとなるでしょう。挙式までのスケジュール、予算、下見の感想、スタッフとの打ち合わせの内容も書き入ると、効率的に準備を進めることができます。また、雑誌の記事はそのままだとあとで捜すのに手間がかかるので、役立ちそうな記事があったら、どんどん切り抜いて貼りつけていきましょう。一から作るのが面倒という場合、インターネットのブライダル関連ページにある「準備するものリスト」をプリントアウトして貼りつけてもかまいません。なお、ウエディングブックは、式が終わっても、素敵な思い出として手元に残ります。

■ウエディングブック項目のヒント

1 したいことリスト・・結婚式や披露宴でしてみたいことを書き出します。
2 式までのスケジュール・・挙式日から逆算して「すべきこと」を整理します。
3 予算・・捻出できる予算、それぞれにかかる金額の見積もりなど。
4 式場の下見・・感想を自由に書いたり、自分なりに点数をつけたりします。
5 式場との打ち合わせ・・式場の連絡先、担当者の名前も。
6 招待客のリスト・・二人それぞれに分けてリストアップします。
7 ドレスの候補・・切り抜きを貼りつけます。
8 スピーチの依頼・・だれにお願いするかをメモ。
9 ハネムーン・・スケジュール、おみやげリストなどをまとめます。
10 お祝いリスト・・お返しのときに便利です。