結納・婚約
結納品と、必要なもの

■結納品。ひとつひとつの意味

縁起ものが集められた結納品。ひとつひとつの意味がわかると、幸せと喜びをさらに実感できるかもしれません。

■結納品と書類をそろえる

結納品には大きく分けて関東式と関西式がありますが、地域によって細かいしきたりが違ってきます。二人の出身地が違う場合は、どちらのスタイルでそろえるか、何品目そろえるかなど、両家でよく相談しましょう。 結納品の目録と受書も用意しますが、これらは結納品にセットされていることがほとんどです。結納品はデパートや式場のほか、最近ではネットショップでも購入できます。
結婚式便利帳って何
子育て

■結納品の正式な包み方

普通の包装だけの場合は、奉書紙で包み、金銀または紅白の水引で結び切りにします。表書きは「寿」または「婚約記念」に。

1, 結納品を中央に置き、赤(金) 色の側を右手に持ちます。
2, 水引を交差させて、赤の側を左上に引き上げます。
3, 白(銀)側を赤側の下にくぐらせて右上に引き上げます。
4, 左に持ち替えた白側に赤側l を巻幸、自の輸にくぐらせます。
5, 両端を持ってしっかり締め、端を上げます。
6, 両端を上で輪にして結び、余分なところを切ります。

Check! 結納品はいつまで飾る?

かつては、結納品は結婚式が済むまで床の間などに飾り、お祝いに訪れた人にお披露目するのが一般的でした。最近は、結納から10日間くらい飾っておき、いったん片づけてから、挙式1 カ月前くらいに再ひ.飾るケースが多いようです。挙式後、食べられるものは料理に使ってかまいません。

■結納品の種類と意味

<関東式9品目>
1 目録(もくろく)
結納品目と数量を記したもの。

2 長契斗(ながのし)
アワビの肉を干して長くのばしたもの。長寿の象徴です。

3 金包(きんぼう)
結納金の包み。表書きは、男性からは「御帯料」、女性からは「御袴料」。

4 勝男武士(力つおぶし)
男性の力強さを意味します。

5 寿留女(するめ)
日持ちがいいととから「末永く」の意味。

6 子生婦(こんぶ)
子持ち昆布のように、子宝に恵まれることを祈ります。「よろこぶJ の意味も。

7 友志良賀(ともしらが)
白い麻糸。「白髪になるまで仲むつまじく」の意味。

8 末広(すえひろ)
純白の扇子。純潔無垢と末広がりの繁栄を祈ります。

9 家内喜多留(やなぎだる)
本来は、祝い酒を入れる朱塗りの柳樽のこと。一般的に、現金を包みます。

<関西式9品目>
1 小袖料(こそでりょう)
男性から女性に贈る結納金。

2 末広(すえひろ)
純白の扇子。純潔無垢と末広がりの繁栄を祈ります。

3 寿留女(するめ)
日持ちがいいことから「末永く」の意味。

4 結美輪(ゆぴわ)
指輪のこと。

5 子生(こんぶ)
子持ち昆布のように、子宝に恵まれることを祈ります。「よろこぷ」の意昧も。

6 奥斗(のし)
長寿を祈願します。

7 肴料(さかなりょう)
鯛などを贈る代わりの現金。結納当日の食事代として贈られます。

8 酒料(さけりょう)
お酒を贈る代わりの現金。結納当日の食事代として贈られます。

9 高砂(たかさと)
翁と姥の人形。「ともに白髪になるまで仲むつまじく」の意昧があります。