結納・婚約
結納の意味

■日本の伝統的な婚約の形である結納

日本の伝統的な婚約の形である結納。その意味や最近の傾向、気になる費用について知っておきましょう。

■親の意見もとり入れる

両方の家族が関わる最初の公式イベントが、結納です。結納の方法は地方によって大きく異なる上、親の思いや希望もいろいろあるでしょう。ここで親との話し合いをおろそかにしてしまうと、あとあとしこりを残すことにもなりかねません。話を聞きながら調整する作業は何かとたいへんかもしれませんが、お互いの家の事情をよく知るチャンスと思い、前向きにとらえたいものです。
結婚式便利帳って何
子育て

■結納は減少傾向に

最近は「格式張ったことは苦手」という意識からか、結納を省略しようとするカップルも少なくないようです。ただ、結納なら流れがある程度決まっているので、考えようによっては意外と準備しやすい方法ともいえそうです。さらに、ホテルや式場の結納パックを利用すれば、もっと手軽に伝統にのっとった結納で婚約をお祝いしてもらうのも、二人にとって素敵な記念になるでしょう。

■結納について決めておくこと

● 結納の形式
● 仲人を立てるか立てないか
● 結納の日取り
● 結納の場所
● 結納の内容(品目数、結納金の額と結納返しの有無、結納品の内容と結納返しの有無、目録と受書の有無)
● 列席者
● 当日の服装
● 予算と費用の分担、支払い方法

■Check!結納のいわれ

結納は、日本に昔から伝わる婚約の形です。「結納」の言葉の由来には諸説ありますが、婚姻のしるしに両家でお酒をくみ交わすときに供される酒肴を「結いもの」と呼ぶところから、この儀式を「結納」と呼ぶようになったという説が一般的です。

■結納の形式

● 仲人を立てる場合
☆ 仲人が使者になる方法
伝統的な結納の方法で、仲人が両家を往復して結納品と受書を運びます。もっとも本格的な結納のスタイルです。
☆一同が集まる方法
本人と両家の親、仲人が、ホテルや式場に集まって結納をとり交わします。略式ですが、家族も仲人も負担が少ないのがメリッ卜です。ホテルや式場の結納パックを利用することもできます。

● 仲人を立てない場合
☆ 集まって結納を交わす方法
本人と両家の親が集まって結納を交わします。女性の家に男性と家族が出向くのが一般的ですが、最近では、ホテルや式場が利用されることも多いようです。
☆ 集まって婚約記念品を交換する方法
本人と両家の親がホテルや式場に集まって、婚約指輪や記念品などを交換。結納品や結納金の交換はしませんが、儀式的に行うことで気持ちが引き締まります。

結納にかかる費用

食事代 1万〜2万円・・ホテルや式場を利用した場合の1 人あたりの金額。
仲人への車代 2万円・・結納が終わったあと、謝礼とは別に支払います。
仲人への謝礼 5万〜10万円・・結納までの謝礼。挙式もお願いしている場合は挙式後にまとめて渡します。
仲人への酒肴料 2万〜3万円・・祝い膳を省略した場合。女性側が用意します。
関係者への心づけ 3000〜5000円・・1 人あたりの金額。式場スタッフなどに渡します。