結納・婚約
結納金と結納返し

■ふさわしい金額を二人で

どうしても気になるのが、結納金や結納返し。あまり背伸びしすぎず、今の自分たちにふさわしい金額を二人で相談して決めましょう。
子育て

■キリのいい金額で

男性から女性に贈る結納金ですが、その金額は地域や個人によってまちまちです。よく月収の2〜3カ月分やボーナス1回分くらいが目安といわれますが、実際はキリのいい閃万円、50万円、70万円、80万円、100万円ということが多いようです。一般に金額は西高東低といわれ、関東では80万円が主流なのに対して、関西では100万円以上が多いようです。男性は結納金に加えて、さらに婚約記念品を用意する場合がほとんどです。しかし、結納のあとには結婚式、披露宴のお金もかかります。背伸びをせずに無理のない範囲で設定しましょう。両親も納得すれば、結納金なしという選択も可能です。 また、婚約記念品も結納金の一部と考えることもあります。たとえば予算が100 万円なら、30万円の指輪を贈り、結納金として70万円を贈る方法です。

■結納を交わさないときも

最近は「金銭のやりとりに抵抗を感じるので結納金は交わしたくない」というカップルも。その場合は、金包の代わりにほかの縁起ものを加えて結納品を奇数個にしたり、指輪をメインとした結納品セットにしたりするようです。 ただ、親にすれば結納金がないことに抵抗を感じるかもしれません。「せめて形だけでも」と思うのが親心ともいえるでしょう。結納金の有無から始まって、結納金の金額や結納返しについて、両家の親も含めてざっくばらんに相談することが大切です。

Check! 結納金の由来

かつての家制度のもとでは、結納金は嫁入りの支度金の意味合いが強く、着物や反物を贈りました。今でも結納品の金包の表書きに「御帯料」、「小袖料」、結納返しには「御袴料」と書かれるのは、そのためです。現代では「婚約を記念した贈りもの」と理解されることが多いようです。

■結納返しはする?

<関東>
関東では、「結納をとり交わす」という考えなので、女性側から「結納返し」をするのが一般的です。「半返し」といって、女性側が男性側の結納金の半額を返すことが多いようです。

1 男性側からの結納金の半額を現金で返します(半返し) 。男性側が最初から結納返しの額(半額) を差し引いて贈ることもあります。
2 腕時計やスーツなど、品物を贈ります。
3 現金と品物の両方で、半返しになるよう調整します。
結納返しの目安
50万〜60万円

<関西>
関西では、結納は男性側から女性側に「納める」ものなので、結納返しはあまり行われません。ただし、お返しとして、結納金の1割程度を包んだり、記念品を贈ることもあります。

結納返しの目安
10万〜20万円

■プロポーズでもらった指輪は結納品?

1, 一度返して結納品に加える
割合多いパターン。いったん男性側に返し、結納当日にあらためて結納品として贈られます。

2, 目録に加えるだけ
女性が指輪を戻すことに抵抗がある、または、男性が戻されることに抵抗がある場合は、女性の手元に置いたままで、目録に加えるだけで大丈夫。

3, 指舗以外の宝飾品を贈る
ネックレスや時計など、指輪以外の宝飾品を贈る場合もあるようです。

4, 結納品に入れない
結納が終わってから、本人たちから指織の報告と披露を行います。