結納・婚約
親の心得〜子どもの結納と援助

■婚約の意味を話し合う

「子どもから『最近は結納は省略することが多いので、自分たちも行わないと言われて驚いた」という親も多いようです。親の世代では結納を交わすことがあたり前だったので、結納なしと聞けば驚くのも当然です。
結納は、日本の伝統的な婚約の形。そもそも「婚約」とはとてもあいまいな言葉で、本人同士が「結婚しよう」と口約束しただけでも成立します。婚姻(結婚) のような法的な拘束力はありません。だからこそ、婚 約を何らかの形で周囲に公表すべきでしょう。そうしたほうが二人の自覚が深まる上、万一の場合も、婚約が認知されていることで、トラブルが回避されることもあるでしょう。本人たちが婚約や結納を行わないというのなら、頭ごなしに反対しないで、まず、その理由を聞きましょう。その上で婚約の大切さについてアドバイスをし、話し合うことが必要です。
子育て

■結納費用の分担

各自で負担
・ 結納品  (関東)・・・2万〜3万円
      (関西)・・・4万〜5万円
・ 結納金  (男)・・・50万〜100万円
・ 結納返し (女)・・・20万〜50万円(結納金の半額が目安)
・ 婚約記念品(男)・・・30万〜50万円
      (女)・・・10万〜20万円

両家で折半
・ 結納式料 (ホテルの結納パックなど)・・・6万〜20万円
・ 食事代・・・1万〜2万円(1人あたり)
・ 仲人へのお車代・・・1万〜2万円
・ 結納までの仲人への謝礼・・・5万〜10万円(挙式もお願いしている場合は挙式後)
・ 仲人への酒肴料・・・2万〜3万円(祝い膳を省略した場合)
・ 関係者への心づけ・・・3000〜5000円

■費用は両家で折半を

結納に必要な費用としては、結納品や結納金のほかに、結納では会場費、食事代、仲人へのお礼・車代など。これらは両家で折半するのが基本です。負担の割合や支払い方法は、両家で話し合っておきましょう。
親が援助する場合は、子どもから資金計画をよく聞いてから。親の希望をとり入れたことで費用がかさんだ場合、その部分を援助する方法もあります。

■親からの援助はあった?

子どもの結婚に際して援助する親は多いようです。親が結納を望む場合、援助を申し出てもいいでしょう。
親からの援助はあった?

■いくらくらい援助してもらった?

バラつきはありますが、100万〜200万円程度を援助してもらうケースが一番多くなっています。中には1000万円以上援助してもらうカップルもいるようです。
いくらくらい援助してもらった?