結納・婚約
仲人を立てるとき、立てないとき

■仲人を立てる?立てない?

仲人を立てるカップルは減ったといわれます。そもそも仲人の役割は何か、仲人を立てたときと立てないときの違いを知っておきましょう。

■二人の仲をとり持つ

以前は、仲人はなくてはならない存在でした。そもそも仲人には、「両家の間をとり持つ」という重要な役割があります。縁談から結納、挙式、そして結婚式のあとまで、仲人は何かと相談に乗ってくれる、頼りになる存在だったのです。 ただ最近、仲人を依頼するケースはめっきり減ってきました。ここ数年間では、カップル全体の1%にも満たないのが現状です。
結婚式便利帳って何
子育て

■仲人が必要な場合も

仲人が減った理由には、恋愛結婚が増えたり、堅苦しいことは避けたいと願うカップルが多いことが考えられます。また挙式スタイルによっては、仲人が似合わないということもあるようです。仲人をどうするかは、本人同士の希望だけでなく、念のために親も交えて相談しましょう。とくにしきたりが色濃く残る地域では、仲人の存在を無視すると、親戚付き合いに影響することもあります。

■仲人のパターン

☆ 引き合わせ仲人
1,縁談から挙式・披露宴までをお願いします。お見合い結婚の場合は、二人を引き合わせた人が務めることが多いようです。
1, 縁談から婚約までお願いします。それ以降の、結納や挙式・披露宴のときは、別の人に依頼します。「引き合わせ世話人」とも。

☆ 頼まれ仲人
1,頼まれ仲人ではありますが、結納から挙式・披露宴の当日まで立ち会ってもらいます。一般的に、結納のときに依頼します。
2,挙式・披露宴の媒酌人だけをお願いします。最近もっとも多いパターンです。
「名誉媒酌人J と呼ばれることもあります。

■仲人Q&A

Q、仲人選びのポイントは?
A、 まず、二人(またはどちらか)をよく知る人で、結婚後も相談に乗ってくれる人がいいでしょう。また、周囲の人望が厚くて社会的に信頼できるか、夫婦仲がよくて二人がこれから目標にしたいと思うかなども、仲人を選ぶときのポイン卜。忙しすぎる人だと、あまり相談できないこともあるので、そのあたりも確認しましょう。

Q、いつお願いする?
A、 相手の予定もあるので、挙式の3〜6カ月前にお願いするといいでしょう。

Q、お願いに行くときのマナーは?
A、 まずは手紙か電話で打診し、内諾をもらったら、二人で正式なお願いに出向きます。両親も同行すると丁寧ですが、大人数になると先方に迷惑をかけることもあるので、両家で相談した上で。

Q、仲人と媒酌人は同じ?
A、仲人についてはお見合いから結婚式が終わるまで、シーンによってその呼び方が異なります。具体的には、縁談やお見合いでは「世話人」、婚約や結納では「仲人」、挙式や披露宴では「媒酌人」、結婚式のあとは再び「仲人」 となります。

Q、会社の上司が適任?
A、 最近は転職する人も多いので、あえて会社関係の人に頼まないこともあるようです。

■仲人を立てる?立てない?

メリット
●両家の聞に問題が生じたとき、直接相手に言うと角が立つことも。まず仲人に相談することが可能。
●進行方法や費用の分担で意見が分かれたら、仲人に第三者的な意見を聞けます。
●結婚式のあとも、二人の生活や仕事について相談に乗ってもらえます。

デメリット
●結納、挙式・彼露宴のときに仲人へお礼や車代などを渡すので、その分の費用がかかります。
● 結婚したあとも、盆暮れのあいさつなどが必要です。