結納・婚約
結納の流れ〜 仲人を立てないとき

■仲人を立てない結納

結納の中でも最近増えてきたのが、仲人を立てない形式です。 割が重要なので、流れをしっかり把握しておきましょう。 父親と母親の役割が重要なので、流れをしっかり把握しておきましょう。

■仲人を立てない場合の結納での席次

仲人を立てる場合と同様、上座に結納品と受書を置きます。本人主体の場合は本人が上座に、家主体なら父親が上座に座り、両家が向かい合います。
仲人がいないので、結納式の進行は一般的に男性の父親が行います。
仲人を立てない場合の結納での席次

■結納の流れ

1, 入室して結納品を飾る
まず、男性側が先に入室して結納品と受書を置いて着席します。次に、女性側が入室して同様に置いて着席します。
2, 両家のあいさつ
時間になったら、ます本人たちが「本日はよろしくお願いいたします」とあいさつをします。続いて、両親たちがあいさつをしてから、一同着席します。

3, 男性の父親のあいさつ
男性の父親が、「このたびはこちらの**様と、私どもの○○に、またとないご縁をちょうだいしまして、まことにありがとうございます」などと始まりのあいさつを述べたあと、一同深く礼をします。

4, 男性側の結納品を女性側に納める
男性の母親が上座に進んで結納品を台ごと持ち、女性本人の前に置き、軽く礼をして席に戻ります。男性の父親が「それは○○からのお結納の品でございます」などと述べ、男性側が礼をします。

5, 女性側が目録を確認する
女性側は礼を返し、まず女性本人が目録を開いて目を通し、続いて父親、母親と読んだら女性本人に戻し、目録を元通りにします。そのあと、「ありがとうございます」と礼を述べます。

6, 贈られた結納品を飾る
女性の母親は女性の前へ行き、結納品を持って上座に運びます。そこで、男性側に贈る結納品を下ろして、贈られた結納品を飾ります。

7, 女性側からの受書を男性側に渡す
母親は女性側の受書を持って男性本人の前に運び、席に戻ります。女性の父親が「これは**からの受書でございます」などと述べます。( 同様に4 〜7の要領で女性側から男性側に結納品を贈る)

8, 結びのあいさつ
男性の父親、女性の父親の順に「本日はありがとうございました」などとあいさつをしたあと、一同深く礼をして終了です。

●正式結納と略式結納
仲人が両家を訪問して行う結納が「正式結納」、一方、本人たちと親、仲人(仲人を立てない場合も含む)が一堂に会して行う結納が「略式結納」。

●仲人を立てない場合の結納での席次
仲人を立てる場合と同様、上座に結納品と受書を置きます。本人主体の場合は本人が上座に、家主体なら父親が上座に座り、両家が向かい合います。仲人がいないので、結納式の進行は一般的に男性の父親が行います。

● 男性の父親が進行役に
結婚にあたっていっさい仲人を立てない場合はもちろん、結婚式だけ仲人(媒酌人)をお願いするケースでは、結納は仲人なしで両家だけで行うことになります。仲人を立てない結納は、合理的な上、家族だけでアットホームな雰囲気なので、最近はとくに人気が集まっています。
仲人なしの場合は、男性の父親が進行役を務めます。また、とり次ぎ役である仲人夫人がいないので、結納品は双方の母親が直接相手のところまで運んで渡します。なお、ホテルや式場の結納パックを利用すると、スタッフが進行役をサポートしてくれる場合もあります。