結納・婚約
結納の流れ〜 仲人を立てるとき

■仲人を立てる

仲人を立てる結納では、仲人が司会進行約を務めます。全体の流れをつかみ、どこで何をすべきかチェックしておきましょう。

■仲人を立てる場合の結納での席次

上座に結納品と受書を置きます。本人主体の場合は上座から本人、父親、母親の順に、家主体なら父親、母親、本人の順に座ります。最近は結納品を背にしないよう、仲人夫妻は下座に着席し、祝宴で上座に移動するのが一般的。
仲人を立てる場合の結納での席次

■仲人が進行約に

両家が一堂に会して行う「略式結納」は、仲人も家族も時間と手間の節約ができるので、最近ではもっともポピュラーな方法。
場所は女性宅が一般的でしたが、仲人宅やホテル、式場、レストラン、料亭なども増えてきました。 部屋は和室のほうが格調高く感じられますが、立ち居振る舞いが楽な洋室も人気です。午前中に集まって結納を行い、そのあと祝い謄を囲むのが一般的です。
進行役は仲人が、結納品のとり次ぎは仲人夫人が務めます。仲人が相手側のやりとりをしている間は、相手につられて礼をしないように気をつけましょう。

1, 入室して結納品を飾る
男性別が先に入室して結納品と受書を置いて着席します。次に、女性側が入室して同様に置いて着席します。

2, 男性側の父親のあいさつ
まずは両家を代表して、男性の父親があいさつをします。「本日はお忙しいところお運びくださいまして、まことにありがとうございます」などと述べます。そのあと、一同礼をします。

3, 仲人のあいさつ
仲人が「このたびは○○様と**様のご縁談が相ととのいまして、まことにおめでとうございます」などとあいさつし、一同礼をします。

4, 男性側が仲人に結納品を渡す
男性の母親が上座に進み、結納品を台ごと持って仲人の前まで運びます。母親が席に戻ったら、父親が「これは○○より**様へのお結納の品でございます」などと述べます。

5, 結納品を女性側に納める
仲人夫人が結納品を女性本人の前に運びます。仲人夫人が元の席に戻ったら、仲人が「こちらのお品は○○様から**様へのお結納でございます」などと述べて礼をします。

6, 女性側が目録を確認する
女性側は礼を返し、まず女性本人が目録を開いて目を通し、続いて父親、母親も読んだら女性本人に戻し、目録を元通りにします。女性本人、父親の順に礼を述べます。

7, 贈られた結納品を飾る
女性の母親は女性の前へ行き、結納品を持って上座に運びます。男性側に贈る結納品を下ろし、贈られた結納品を飾ります。

8, 女性側が受書を仲人に渡す
女性の母親が、上座にある受書を持って仲人の前に置きます。母親が席に戻ったら、女性の父親が「これは**より○○様への受書でございます」と述べます。(同様に4〜8の要領で女性側から男性側に贈る)

9, 結びのあいさつ
仲人が「これにて、めでたくご両人のご婚約が成立しました」などとあいさつ。次に、男性の父親→女性の父親→男性本人→女性本人の願であいさつをし、一同深く礼をして終了です。