新婚旅行・新生活
ハネムーンプラン

■ハネムーンプラン

まずどんな旅行にしたいか二人のイメージを固めましょう。行き先、予算、日程など、無理のないプラン作りと早めの準備がポイントです。

■テーマと場所を決める

まずは、どんな旅行にしたいのかテーマを決めましょう。たとえば、リゾート地でのんびりしたい、思い切りショッピングを楽しみたい・・・・・。二人の希望を出し合って決めておくと、そのあとの段取りがスムーズに運びます。
テーマを決めたら、次は場所選び。せっかくだから海外へという人も少なくありませんが、ゆっくりのんびり過ごすなら、国内もおすすめです。めったに宿泊できない高級旅館でリッチな気分に浸るのも素敵かもしれません。
行き先が決まったら、予算を話し合います。ハネムーンの準備は、挙式・披露宴や新生活準備とも重なります。費用の割り振りを決め、先々の生活プランに無理のない範囲で組み立てるといいでしょう。
そして最後に、ハネムーンの時期と期間。職場の状況から二人の仕事のスケジュールをすり合わせ、さらに行き先のベストシーズンに合わせて判断します。結婚式直後に出発するほか、場所、季節、期間を考慮し、一番いい時期まで待つのもひとつの方法です。
結婚式便利帳って何
子育て

■ツアーの内容を吟味

旅行にはパッケージツアーと個人旅行があります。パッケージツアーなら旅行会社が手配をサポートしてくれるので、わずらわしくありません。ただ、日程の融通がきかなかったり、行き先と時期によってはツアー参加者が多く、気配りが必要になることも。宿泊ホテルの場合、ランクも十分チェックしましょう。
一方、個人旅行は交通チケットから宿泊場所、現地でのツアーなど、すべて自分たちでアレンジする方法。オリジナルなハネムーンになりますが、手配に時間がかかるようです。

Check!パスポートの名前、どうする?

婚姻届を出してからハネムーンに出発する場合、パスポートも新姓になります。申請から発給までに1週間から10日間かかるので、婚姻届を早めに提出して申請しましょう。出発の1ヶ月前までに行うのが目安です。持っているパスポートの訂正申請では、署名は変更されないので要注意。時間がなければ、旧姓のまま航空券をとり、旧姓のパスポートで出発します。

■テーマ別行き先のヒント

ゆったり過ごす
南国のビーチが好きなカップルは、プライベート感覚のあるコテージで過ごすなど。高級コテージでエステを楽しんでも。
(おすすめスポット)
タヒチ、モルディブ、バリ、ハワイなど

自然を満喫する
自然派のカップルはグランドキャニオンやナイアガラの滝、スイスのマッターホルンなど、壮大な自然を体感してみては?
(おすすめスポット)
スイス、ギリシャ、アメリカ、カナダなど

アクティブに過ごす
せっかくだからいろいろ回りたいなら、観光地が多い地域に。拠点を設ければ、ゆっくり観光することもできます。
(おすすめスポット)
ニューヨーク、ロンドン、ローマ、パリなど

思い入れの深い場所に
映画のシーンで使われた場所を訪れるなど。定番は「ローマの休日」をたどる旅。
(おすすめスポット)
オーストラリア(「世界の中心で愛を叫ぶ」のエアーズロックなど)

■ハネムーンの段取り

6ヶ月前
テーマ、行き先、予算などを決めます。

3ヶ月前
旅行の申し込み。パスポートの残存期間やビザを確認して、必要であれば申請します。また、仕事のスケジュールについても上司と相談を。

1ヶ月前
新姓で旅行する場合、この時期までに婚姻届を提出し、パスポートを申請します。クレジットカードの名義変更も忘れずに。

2週間前
個人旅行の場合は予約の確認を。おみやげリストなども作ります。

前日
チケット、宿泊券、パスポートなど荷物の最終チェック。

出発