新婚旅行・新生活
ハネムーンのマナー

■ハネムーンのマナー

ハネムーンは一生の記念になる大切な旅行。でも、たいていは慣れない土地に行くもの。その場所の週間やルールをきちんと守り、楽しい旅行にしましょう。

■出発前に親にあいさつ

ハネムーンに旅立つ前に時間があれば、両親にあいさつに行きましょう。遠方なら電話をし、旅行のスケジュールや宿泊先を知らせておきます。
1週間以上の長い旅なら、旅先から連絡を入れたり、絵ハガキを送るのもいいでしょう。
結婚式便利帳って何
子育て

■荷物の管理を十分に

日本は比較的犯罪の少ない国柄なので、危機感が欠けがち。また、諸外国の人にとって、日本人はお金を持っているというイメージも強くあり、スリや置き引きなどの対象になりやすいようです。
とくにあわただしい結婚式長後に海外に出発するカップルは、ほっとしたくなる気持ちをぐっと引き締めましょう。荷物管理に注意を払います。

■マナーを守って行動

新婚旅行では、場所柄をわきまえた常識的な行動をすることが大切です。必要以上に人前でベタベタしたり、大きな声ではしゃぐのは避けます。
とくに海外旅行では、訪れる国によって習慣やルールが違います。禁止事項もさまざまなので、あらかじめその国のことを調べておいたほうがいいでしょう。
ハネムーンに限ったことではありませんが、人に迷惑にならないような行動を。ツアーに参加する場合は、集合時間に遅れるなど、勝手な行動はつつしみます。
なお、結婚式までの疲れが出て体調を崩したり、些細なことでけんかをしたりすることもあるかもしれません。スケジュールはゆったりめに。

Check!ハネムーン先で失敗しないために

基本的にはリラックスできる服装で出かけますが、旅先や宿泊先に合わせた服の用意もしておきましょう。海外ではドレスコードを決めたレストランも多いので、欧米に行く場合はとくに注意。フォーマルな服が必要かどうか、あらかじめ旅行会社に問い合わせておきましょう。

■気をつけたいマナー集

相手に対して思いやりを
疲れがたまるとイライラすることも。たとえば、バスやトイレの使い方、タバコの煙など、細かい点にも気配りをします。

服装に気をつける
高級ホテルでは、カジュアルすぎる服装は避けます。観光中はスリに狙われやすいため、リッチな格好は避けて。

集団行動を守る
ツアーなら、同行者に迷惑をかけないよう、時間厳守。自分勝手な行動もつつしみましょう。

人前でベタベタしない
ハネムーンだからといって、公の場所でベタベタしすぎるのは見苦しいものです。大声ではしゃぐのも禁物です。

■ハネムーンの持ちものリスト

□ 航空券や宿泊券などのチケット
□ パスポート、ビザ
□ 現金(現地の通貨と日本円)
□ クレジットカード
□ トラベラーズチェック
□ 海外旅行保険契約証

□ 国際免許証(必要に応じて)
□ 現地の日本大使館などの連絡先リスト
□ 旅行のスケジュール表
□ 現地ガイドブック
□ おみやげリスト
□ 住所録