新婚旅行・新生活
結婚通知状

■結婚通知状

挙式が済み、ハネムーンを終えて二人の生活が落ち着いてきたら、お世話になった人や当日招待できなかった人に結婚報告のハガキを送りましょう。

■通知は1ヶ月以内に

結婚式から1ヶ月以内には、結婚通知のハガキを送りましょう。時期が近い場合は、年賀状や暑中見舞いと兼ねても問題ありません。
結婚通知を送る相手は、式や披露宴、二次会に来てくれた人、遠くに住んでいたり、当日どうしても参加できなかった人などが中心です。
また、仕事の関係で連絡しておきたい人や、何年も合っていないけれど、年賀状のやりとりだけは続けているような人に送ってもいいでしょう。
結婚式便利帳って何
子育て

■写真入りハガキが人気

ハガキの文面には挙式した年月日や場所、さらに媒酌人を立てた場合には、「佐藤様のご媒酌のもと」などと入れ、式を無事に終えられた旨を書きます。
結婚通知状は、新居の住所や連絡先を伝える役目を持つものなので、住所や電話番号、メールアドレスなどを書き、「ぜひお立ち寄りください」というようなあいさつも盛り込みます。
最近では、ハガキに披露宴での二人の写真を載せるケースが増えています。披露宴などに出席してくれた人には、お礼の言葉を書き添えて送ると、印象がよくなります。
なお、式を挙げずに婚姻届だけで済ませる場合でも、結婚したことに変わりはありません。結婚通知状はきちんと送りましょう。

■結婚通知状はだれに出す?

● 披露宴、二次会の出席者
● 披露宴に招待したが、出席できなかった人
● 遠方などの理由で招待できなかった友人や知人
● 結婚祝いをもらった人
● 仕事上などで結婚を知らせたい人
● 年賀状のやりとりをしている人

■結婚通知状の文例

結婚通知状の文例

■結婚通知状のマナー

挙式後1ヶ月以内に
報告のハガキなので、遅くならないように。挙式後1ヶ月以内に送付することが多いようです。

通知にはひと言添えて
あて名、裏面ともに印刷すると手軽ですが、受けとった側はそっけない印象を受けることも。結婚式でのことなど、自筆でひと言添えましょう。

早めに手配する
お披露目を兼ねて結婚式の写真を入れる場合は事前に作れませんが、そうでなければ、結婚式前に作っておくとあわてずに済みます。

文面は臨機応変に
結婚を機に会社を辞めた場合は、その旨をひと言入れておきます。マタニティ婚なら「○月に新しい家族が増える予定」と添えてもいいでしょう。