新婚旅行・新生活
生活用品の購入

■生活用品の購入

住む場所が決まったら、次は生活用品の購入。部屋の間取りを考えて検討することが大事です。とくに家具や家電などの大きなものは慎重に選びましょう。

■間取りに合う家具を

家具や大きな家電製品は、新居が決まってから購入します。部屋の間取りや大きさを前提に家具の配置を考え、それに合ったもおを選びましょう。とくにキッチンは、使いやすく、便利なレイアウトを工夫します。
家具などの購入に出かけるときは、それを置きたい場所のスペースを測り、メモしていきます。また、電化製品用のコンセントの位置は重要。新居の間取り図に位置を書き込んでおくといいでしょう。
結婚式便利帳って何
子育て

■買うか残すかを考える

現在、それぞれが使っているものをりようできるかどうかも考え、何を買い、何を残すか考えます。大きなものを処分する場合は粗大ゴミ扱いになります。地域の粗大ゴミの日は決まっているので、きちんと調べておきましょう。
食器などこまどまとした生活用品は、あとからでOK。引っ越し直後に最低限必要なものがそろっていれば問題ないでしょう。

Check!結婚のお祝い品をリクエストしてもいい?

小さな家電製品や調理器具、食器類は、結婚のお祝いとしてもらうことも多いようです。とりあえず購入予定からは除いておいて、もらえなかったら買うという方法もあります。また、合理的な方法として、「お祝いに何がほしい?」と聞かれたら、購入を予定していた手ごろな価格の品をリクエストしてもいいでしょう。相手に失礼にあたることはありません。

■生活用品を購入するときのポイント

長く使えるものを選ぶ
家具、家電製品に限らず、台所用品や食器に至るまで、流行に左右されないものを選ぶのが長く使い続けるコツです。デザインはシンプルなもの、色はモノトーンやナチュラルなものがいいでしょう。

使っていたものを活用
どちらかが一人暮らしをしていた場合は、当面は使っていたものを利用し、必要なものだけを買いそろえても。たとえば冷蔵庫は大きなものに買い換えるが、洗濯機や炊飯器はそのまま使うといった感じです。

サイズを測ってから
家具や家電などの大きなものを買いに行くときは、置きたい場所のスペースを測ったメモを持参。スペースを測るときは、買ってから天井につかえて入らないことのないように、左右の長さはもちろん、天地の計測も。

■買うか残すかを考える

引っ越しまでにほしいもの
□ カーテン
□ カーペット
□ 照明器具

引っ越し当日にほしいもの
□ バス・トイレ用品・洗面具
□ ダイニングセット
□ 食器棚
□ タンス
□ ベッド
□ 布団
□ 冷蔵庫
□ 炊飯器
□ 電子レンジ
□ 調理器具
□ 食器・テーブルウエア
□ テレビ
□ 洗面機
□ 掃除機
□ 電話機

引っ越し後でもいいもの
□ ソファー
□ ドレッサー
□ アイロン
□ キッチン小物
□ ランドリー用品
□ 玄関まわりの小物

引っ越し当日に最低限必要なバス用品、トイレ用品、洗面具、食器類は必ず準備していきます。また、家電製品や大きな家具は、引っ越しの荷物が届く前に到着するようにすると、搬入が楽です。なお、家電製品やタンスなどを搬入する前に、カーペットを敷く場合は、購入しておきましょう。