結婚が決まったら
好印象のファッション

■訪問時にふさわしいファッション

相手の親には、好印象を持ってもらいたいもの。訪問時にふさわしいファッション、注意したいNG ポイントを頭に入れておきましょう。

■第一印象が大切

相手の親にあいさつに行くときは、服装や髪型に十分に気を配り、好印象を与えるよう心がけましょう。「見た目よりも中身が大事」といわれますが、第一印象がよければ、信頼感を得やすいもの。逆に、最初にだらしない印象だと、結婚相手として不安に思われるかもしれません。身だしなみがきちんとしていると気持ちも引き締まり、自然と言葉遣いや態度が丁寧になるものです。
結婚式便利帳って何
子育て

■清潔感を心がける

好印象を与えるポイントは清潔感、そして、控えめで落ち着いた雰囲気です。
具体的には、男性は紺かグレーなど落ち着いた色のスーツに、派手でないワイシャツを。無難にまとめつつ、センスのいいネクタイでさりげなく個性をアピールできると素敵です。ワイシャツは食べこぼしのシミがついていないか、 しわがないか、上着はヨレヨレしていないかなどをチェックしておきます。
女性は、清楚な雰囲気のワンピースやススーツが一般的です。流行を追いすぎたもの、胸元が開きすぎたデザイン、短かすぎるスカートは控えましょう。
メイクは派手にしすぎず、ナチュラルメイクで上品に。ヘアスタイルも清潔感を優先させます。髪のカラーがあまりにも明るい場合は、染め直したほうが無難です。ひと目で高価とわかるブランドバッグやアクセサリーも避けましょう。最初の訪問では、ファッション性よりも清潔さを心がけます。

●女性

☆ヘアメイク
 ナチュラルメイクが基本。厚化粧は派手な印象を与えてしまうので注意。ロングヘアは、目ざわりな印象を持たれないようにまとめておきましょう。
☆ 服装
 ワンピースやスーツは上品な色を。黒や原色は避けましょう。
☆ 足元
 ストッキングは、ベージュなど肌になじむ色を。素足は避けます。替えのストッキングを持っていると安心
☆靴。
 靴はヒール高さが3〜5センチのパンプスを。ブーツやミュールは避けましょう。

● 男性

☆ ひげ
 話しているときは口元を見られるので、ひげのそり残しがあると目立ちます。
☆ 服装
 紺やグレーのスーツが基本です。ズボンはプレスして折り目をきっちりつけておきましょう。ワイシャツの衿や袖口が汚れていないかもチェック。
☆ つめ
 指先は意外と目につくので。つめは短くカットしておきます。
☆ 靴
 玄関で靴を脱いだとき、汚れていると、とても目立ちます。よく磨いておきましょう。

●見落としがちなNGポイント

☆ ヨレヨレのハンカチ
 ポケットから出したハンカチがしわしわだと、清潔感が台なしになってしまいます。アイロンがけを。
☆ においの強すぎる香水
 においには好き嫌いがあるので、香水はつけないほうが無難。
☆ 派手なマニキュア、つけづめ
 本人はファッションのつもりでも、控えめに。マニキュアをつけるなら、透明か薄いピンク色のものに。
☆ ジャラジャラしたアクセサリー
 アクセサリーをつけるなら、小さめのペンダントやさりげない雰囲気のコサージュなどを選びましょう。

Check!カジュアルな雰囲気のほうがよいことも

すでに相手の家を何度か訪れている場合、相手の親から、「堅苦しい格好はやめてね」などと言われることも。そんなときは、スーツなどよりもシャツにスカー卜くらいのカジュアルなファッションのほうがいいでしょう。ただし、Tシャツにジーンズといった、くだけすぎは避けます。