ウエディングスタイル
媒酌人を立てるとき

■媒酌人って?

媒酌人は新郎の上司や恩師に依頼するのが一般的です。もっとも大切な人ですから、失礼のないように。3ヶ月前までにはお願いしておきましょう。
結婚式便利帳って何
子育て

■媒酌人をお願いする手順

1.結婚式の3ヶ月くらい前
  結婚式の3ヶ月くらい前までにはあらかじめ電話などで連絡をし、内諾を得ておきましょう。

2.結納、婚約のころ
  承諾してもらったら、二人で媒酌人宅を訪れ、あらためてお願いしたい旨を正式に伝えます。

3.結婚式の1ヶ月くらい前
  招待状を持って二人で訪問し、式の日取りや式場が正式に決まったことを伝えます。また、当日お願いしたい細かい打ち合わせもします。

4.結婚式終了後
 お礼のタイミングは披露宴後の当日か一両日中に。二人がハネムーンから帰ってから渡すこともあります。当日お礼をする場合は、披露宴終了後に渡します。

■媒酌人の都合を優先

媒酌人には、もともとお見合いの仲を取り持つ人という意味がありましたが、現在では主賓的な意味で、当日だけの「頼まれ仲人」となるのが主流のようです。 お願いする場合には、式の3ヶ月前には依頼を。媒酌人夫婦の都合が優先されますが、式場の予約を行い、日取りを決めてから依頼することもあります。その際には、失礼のないように、ひと言述べておきましょう。 また,本来なら媒酌人は二人のことを知っている人に頼むべきですが、実際は新郎の上司や恩師などにお願いすることが多くなっています。

■必ず二人であいさつを

了承の返事をもらったら、二人で出向いて正式にお願いします。二人のことをしっかりと知っておいてもらわなければならないので、双方の略歴や家族構成などをまとめて渡し、なれそめや結婚後の予定なども伝えておきます。
食事会を開き、双方の両親との顔合わせをしておくのもよいでしょう。
媒酌人を立てなくても式で困ることはありません。逆に式場では媒酌人なしの手順が当たりになりつつあります。

■媒酌人Q&A

Q結納の仲人と媒酌人は同じ人でないと困る?
A仲人をお願いした人に引き続き依頼するのがもっともよいのですが、別の人にお願いしてもかまいません。ただし、「仕事上の都合でどうしても○○様にお願いする事になりました」などと、仲人宅に出向いて、できるだけ早めに断りを入れましょう。

Q息子の先輩では年齢が若くて不安・・・。
A年齢が若いからといって、媒酌人が務まらないというわけではありません。本人たちがとても信頼している人であれば、問題はないでしょう。媒酌人の候補を相談されたら、親が指図するのは控え、まずはどういう人なのか聞いてみましょう。

Q媒酌人はだれにお願いする?
A媒酌人として望ましいのは、二人の共通、もしくはどちらかの知人で信頼できる夫婦です。まず、新郎新婦の職場の上司や学校の先輩、恩師など、適任の人がいないかを聞いてみましょう。もしいないようなら、両家の親族、知人などから選びます。

Q会社の上司にお願いすべき?
A必ずしもお願いしなければならないことはありません。ただし、媒酌人を会社以外の人に依頼した場合、仕事上で差しさわりがないかどうか、本人とよく相談しましょう。最近は転職が多いので、あえて会社の上司にお願いしないこともあるようです。