ウエディングスタイル
ハウスウエディング

■家をまるごと借り!!

家をまるごと借り切るハウスウエディングは、パーティーのコンセプトをはっきりさせることが、成功のポイントです。

■自由にアレンジできる

一軒の家(ゲストハウス)を、一定時間まるごと貸し切りにして行う披露宴がハウスウエディングです。ほかのカップルと重なることがないので、借りている時間は邸内を自由に使うことが可能。ゲストをもてなしながら、個性的なパーティーを催すことができます。
挙式は近くの教会や神社で行うこともありますが、結婚式のために造られたゲストハウスの場合は、敷地内にチャペルが併設されています。
結婚式便利帳って何
子育て

■コンセプトを持つ

ハウスウエディングは、演出や装飾に関しては希望をかなえてくれるので、「こういうコンセプトのパーティーがしたい」とはっきりとした希望を持ったカップルには、とくにおすすめ。たとえば、クリスマスパーティーやハロウィンパーティーと組み合わせる、二人の趣味が音楽なら楽器を持ち込んでバンドパーティーを行うといった感じです。
ゲストハウスを借りるといっても、一から自分たちで用意する必要はありません。専門のプロデュース会社に相談すれば、挙式の準備、パーティーの演出など、二人のコンセプトに添ってプランニングから当日の施工まで請け負ってくれます。まずは、二人が考える披露宴のイメージを相談することから始めましょう。
ただし、レストランと違って、ドレスが持ち込めないなど自由がきかない会場もあります。また、一般的に費用が高めになることも覚悟しておいたほうがいいでしょう。

■Check!

ゲストハウス専門のプランナー
ハウスウエディングでは、庭と家を借り切るだけに、どんな演出をするか悩むところ。解決策のひとつはゲストハウス専門のウエディングプランナーに頼むこと。大勢で楽しめるビデオの演出やゲームなど、プライベート感あふれる空間を生かすアイデアを出してくれるはずです。

■ハウスウエディングのポイント

メリット 演出が自由自在
パーティールームで食事、プライベートガーデンでケーキカットなど、場所をいっぱいに使ったパーティーを実現できます。

メリット プライベート感を満喫
ほかのカップルに気兼ねしなくていいので、新郎新婦もゲストもくつろぐことができます。

メリット 趣向を凝らしたところも
荘厳な洋館、おしゃれなクラブハウスなど、独特の雰囲気が味わえます。

デメリット 会場がとりにくい
貸し切りなので、1日2組くらいしか受けつけられません。結果、会場が予約しにくいことも。

デメリット 衣装の持ち込みができないことも
会場によってはドレスなどの持ち込みができないなど自由がきかないこともあるので、確認が必要。

デメリット 料理が選べないことも
ゲストハウスではフレンチが主流のようです。ゲストの顔ぶれも考えて会場を選択しましょう。