ウエディングスタイル
人前式挙式

■「自分たちらしさ」を演出

式次第から演出まで、すべて二人の手作りで。「自分たちらしさ」があふれる人前式挙式は、最近とくに人気のスタイルです。

■自由にアレンジできる

人前結婚式は、両親や親族はもちろん、親しい友人やお世話になった知人も招待し、列席者全員に二人の結婚の証人になってもらうスタイル。
特定の宗教や形式にこだわらず、オリジナリティーあふれる挙式ができるところが魅力で、最近とくに人気のスタイルです。
レストランや思い出の場所を借りて自分たちでプランニングするほか、ホテルや式場で人前式パックを利用することもできます。
ただ、形式が決まっていないので、ともするとカジュアルになりすぎることも。親や年配者の中には人前式に抵抗を感じる人がいるかもしれません。
プランを考えるときは、両親とこまめに相談して了解を得るようにしましょう。
結婚式便利帳って何
子育て

■儀式と祝宴は区別

人前式の場合は、挙式と披露宴を同じ場所で行うことが多いのですが、お手軽なイメージにならないよう、きちんと区別することが大切です。
内容次第で、厳粛な雰囲気に仕上げることも可能です。
たとえば、列席者の前で「私たち結婚します!」と宣言するだけでも成立しますが、新郎新婦の誓いの言葉や婚姻届の署名・捺印、指輪の交換などを行うと、式全体が引き締まるものです。
人前式では、司会者(結婚式をとり行う人)がいるとスムーズに進行できるので、親しい友人などに依頼するとよいでしょう。また、婚姻届には、証人二人の署名・捺印も必要。前もって列席者の中から選んでおきましょう。

Navi point

1. 宗教、形式にこだわらない
  会場選びから式次第まで、自分たちでプランニングします。
2. ホテルや式場で行うことも可能
  ある程度進行のパターンが用意されているので、それをもとに自分たちのアイデアを加えることもできます。
3. 儀式と祝宴の区別をつける
  賛美歌に代わる歌を全員で合唱するなど、セレモニーらしい内容もとり入れ、メリハリのある式次第になるようにしましょう。

■人前式挙式でできる演出

誓約式
新郎新婦が、自分たちで考えた誓いの言葉(結婚誓約書)を読み上げます。二人の結婚を照明する「結婚証明書」を作成し、立会人が新郎新婦に手渡すという演出もあります。

婚姻届に署名
新郎新婦が、婚姻届に署名・捺印します。続いて、立会人が婚姻届の立会人欄に署名・捺印します。

結婚成立の宣言
司式者や証人が、二人の結婚が成立したことを列席者の前で宣言します。そのあと、参列者は拍手を送ります。

バルーンリリース、バブルシャワー
挙式後、列席者全員で一斉にバルーン(風船)を空に飛ばすのがバルーンリリース。バブル(しゃぼん玉)を吹いてお祝いするのがバブルシャワーです。

結婚指輪の交換
最初に、新郎から新婦へ、次に、新婦から新郎へ結婚指輪をはめます。

■Check!

人前式のルーツは、「家婚式」と呼ばれるもの
人前式挙式は、実は日本でもっとも歴史のある伝統的スタイルです。神前式が一般に広まる昭和中期までは、「家婚式」といって、自宅で挙式と披露宴を行うことが多かったので。会場は新郎の家。床の間のある座敷で、家族と親族が新郎新婦を囲みます。そして、媒酌人夫妻を立会人として、三三九度の杯から親子固めの杯、親族固めの杯がとり交わされるのです。