ウエディングスタイル
会費制の披露宴

■合理的なシステム

披露宴には、大きく分けてご祝儀制と会費制の2種類があります。一般的なのはご祝儀制で、格式のある披露宴にはこちらが向いています。
一方、会費制は一定の会費を集めて祝宴を催すもの。北海道など、会費制の披露宴が一般的な地域もあります。合理的なシステムなので、低コストに抑えたいカップル向きともいえるでしょう。
会費制の場合、料理は立食になることが多く、全体にカジュアルでアットホームな雰囲気になりがち。親しい友人が中心のパーティーに向いているといえます。
会費制の披露宴にしたいなら、まずは親に相談してみましょう。ゲストに年配の親戚や会社の上司が多い場合は、受け入れられにくいかもしれません。また、親が「披露宴はお客様を招待して行うもの」と考えているのなら、ご祝儀制にするほうが無難です。
結婚式便利帳って何
子育て

■招待状に明記する

会費制の場合、ゲストに負担をかけないためにも、会費は1人あたり1万5000円以下に。足りない分は自分たちで負担しましょう。あらかじめ招待状には、会費制であることを明記し、さらに「平服でお越しください」などと添えると、ゲストにも主旨が伝わりやすいはずです。
ご祝儀は受けとらないのが基本。用意してきてくれたゲストには、感謝の気持ちは伝えつつ、丁寧に辞退します。断り切れなかった場合は受けとっておき、あとで同額の商品券か品物を贈ります。

■Check!

発起人を依頼する
会費制の披露宴の場合、あらかじめ親しい友人に、発起人および司会進行をお願いしておきましょう。発起人といっても、何から何まで任せるのではなく、実際の企画や基準は新郎新婦が進めるパターンがほとんど。挙式後にお礼として、会費と同額の商品券か品物を贈ります。

■会費制の披露宴のポイント

メリット 独自の演出が可能
形式はまったく自由なので、場所の選択から料理、演出などすべて自分たちの好きなようにアレンジできます。

メリット アットホームな雰囲気
ご祝儀制のようなフォーマル感がないので、みんなで参加しているという一体感が生まれ、終始和やかなパーティーになります。

デメリット ゲストによってなじめないことも
会費制に慣れていないゲストも。二部制にして、ご祝儀制と会費制の両方を行うという手も考えられます。

デメリット 準備すべきことが多い
形式がないだけに、自分たちで企画から準備、手配などをしなければなりません。

■会費制の披露宴について迷うこと

引出物は1000〜2000円くらいで
ご祝儀制の場合、引出物と引菓子をセットにして渡すことが多いのですが、会費制なら、1000円〜2000円程度のものを1品でOKです。
ゲストが子どもなら会費はなしで
小学生までくらいのこどもで、子ども用の料理を用意するなら、会費はなしにするか、半額以下に。

交通費や宿泊費はゲスト負担で
基本的にはゲスト側で負担してもらいます。ただし、以前の結婚式で先方に交通費や宿泊費を出してもらったのなら、今回は招待側で負担しなければなりません。

ご祝儀はもらわない
基本的にご祝儀は受けとりません。招待状にその旨を記載しておきます。