ウエディングスタイル
見積書の見方

■見積もりは目安

結婚式のイメージを固めたら、ホテルや式場を回って見積もりを出してもらいます。その際、何人くらいを招待する挙式にしたいかという数字が必要ですが、おおよその規模がわかれば大丈夫です。通常は会場で用意されている挙式プランを基本に、アレンジを加えるという形になります。
最初に出される見積もりの段階ではまだ詳細が明確になっていないので、だいたいの人数をベースにして計算されています。
式の流れや演出を検討し、オリジナルの予算シートを作成していきましょう。
結婚式便利帳って何
子育て

■予算オーバーに注意

一番気になるのは金額です。ここにアレンジを加えるわけですから、予算内におさまっているかをまず確認しましょう。また、席次表や招待状など、自分たちで作りたいと思っている場合は、それらを削って、演出に回すといった調整も必要です。 内容を検討しているうちに、料理をグレードアップしたい、招待客を増やしたい、飾りつけに懲りたいなどの要望が出てきますが、これらは見積もり金額にプラスされることになります。見積もりは会場内でかかる費用なので、写真やブーケ、引出物などを外部に頼んだときには、見積もり外となることを忘れずに。
また、司会などのスタッフへ渡す心づけや車代、招待客の宿泊費なども見積もりには表れないお金。予算オーバーにならないように注意を。

■Navi point

1.見積書をベースにプランを練る
  最初に出される見積書はたたき台。これをベースにして、イメージする結婚式を実現させましょう。
2.料金が発生するものは意外に多い
  友人の余興のために会場設備を利用すると、照明代や楽器代がかかることもあります。
3.予算オーバーに気をつける
  見積もりに含まれない費用はいろいろと発生します。それらを見落とさないよう、十分注意しておくこと。

■見積書をみてみよう

見積書を見てみよう