ウエディングスタイル
ウエディングプランナー

■アレンジした式から凝った演出の式まで

オリジナルの結婚式を望むなら、ウエディングプランナーに依頼する方法も。ちょっとアレンジした式から凝った演出の式まで、プランナーの腕次第です。

■こんなときはプランナーに

式のイメージがつかめない
具体的に何をどう依頼すればいいのか、どんな準備が必要か・・・といった不安は、多くのカップルが抱えています。プランナーが二人と相談しながらアドバイス。
結婚式便利帳って何
子育て

■紹介や口コミで探す

ウエディングプランナーとは、カップルから要望を聞き、結婚式の演出や料理、衣装などをトータルにコーディネートしてくれる人です。プロデュース会社に所属しているケースと、個人で開業しているケースの2通りあり、「ウエディングアドバイザー」「ウエディングコーディネーター」とも呼ばれています。
ホテルやレストランと契約しているプランナーもいますが、基本的には自分で探さなければなりません。ただ、正直なところ合う合わないがあるので、「プランナーに頼んでよかった」という知り合いがいたら、紹介してもらいましょう。ネットなどから探すことも可能です。

スペシャルな式が可能

たとえば水族館や野球場で式を挙げたい、有名な演奏家を招いて演奏してもらいたいといった、オリジナリティーあふれる式を希望しているなら、プランナーに依頼するほうがいいでしょう。
ただ、結婚式までにプランナーと打ち合わせできる機会は3〜5回程度。スムーズに打ち合わせが進むよう自分たちの希望を明確にし、はっきり伝えます。また、不安や疑問があれば、電話やメールでその都度きちんと確認しておきましょう。
プロデュース会社はプランナーの集団ですから、こちらのほうが探しやすいかもしれません。実際のプラン例など、十分なリサーチをしておきましょう。知り合いやネットの情報など、評価を確認してから依頼したほうが無難です。

■Check!

プランナーに頼むといくらくらい?
どのような依頼をするかによっても変わってきますが、フリーのプランナーでもプロデュース会社への依頼でも、基本的な料金は、式総額の10〜15%程度が目安です。事前に見積もりをとって、どのような項目があるか、どれくらいの費用がかかるかなどを確認しましょう。

■希望がたくさんありすぎる

結婚についての夢や希望はあっても、こだわり始めると、あれもこれもと思ってしまいがち。その中からメリハリのある演出をサポートするのも、プランナーの仕事です。

■急ぎの事情がある

マタニティ婚や新郎の海外転勤など、なるべく早く式を挙げたいという事情があるなら、プランナーに頼むと有効。迅速な場所の確保など、ケースバイケースの対応にすぐれています。

■式場任せにしたくない

式場任せにしてしまうと、楽な面、後悔することも。二人の意向をくみとり、オリジナルな演出をプランニングしてくれます。具体的なイメージを伝えましょう。

■ウエディングプランナーQ&A

Qプランナーはどうやって探す?
Aインターネットなどでプランナーを捜すこともできますが、プロディース会社にお願いすれば、専属のプランナーをつけられます。ホテル、専門式場なども、プランナーが担当するのが一般的。

Q人気のプランナーに頼みたい。
Aカリスマと呼ばれるプランナーのいるプロデュース会社もあります。どうしてもお願いしたいならプランナーの予定に合わせる覚悟も必要です。また、プロデュース料が一般のプランナーより高めに設定されている場合もあるので注意します。

Qプランナーと意見が合わない。
A演出などは、会場の広さや予算などで折り合わない場合もあります。プランナーの意見を聞き、自分たちのプランを見直してみる必要があるかもしれません。一方、連絡事項が伝わらないなど不安がある場合は、遠慮せずに責任者に申し出てみましょう。信頼できない場合は、変更してもらうこともできます。