結婚式当日を迎えて
披露宴でのマナー

■披露宴はおもてなし

新郎新婦は披露宴の主役であると同時に、もてなす側であることを忘れずに。招待客への感謝の気持ちをつねに持っていましょう。

■もてなす心を忘れずに

結婚式の主役は、新郎新婦です。しかし、招待客は、新郎新婦をお祝いするために集まってくれているので、もてなす気持ちを忘れてはいけません。
挙式の前はあわただしいのですが、控え室へ行って媒酌人や主賓、親族らへきちんとお礼を述べましょう。
披露宴が始まったら、さまざまな人からの祝辞やスピーチがあります。媒酌人や主賓があいさつするときは、起立して聞きます。「お座りください」と言われたら、座ってもかまいませんが、あいさつが終わったら、また起立してきちんと一礼します。
友人などのスピーチについては座ったままで大丈夫ですが、話し終わったら軽く一礼します。
結婚式便利帳って何
子育て

■つねに笑顔をたやさず

花嫁はつねに笑顔で。最初は緊張しているかもしれませんが、肩の力を抜いてリラックスしましょう。お祝いの言葉をかけてくれる人たちには、笑顔を心がけます。
新郎新婦も食事をしてかまいませんが、スピーチや余興の間は、手を置いて注目しましょう。
また、食べにくそうなものには最初から手をつけないほうがいいでしょう。
各テーブルを回る演出があるときは、特定の人とばかり話すと、ほかの招待客に失礼です。
みんなにひと言ずつ声をかけましょう。
また、招待客のお見送りのときも、長話をしないように。
式を終えて気がゆるみがちですが、まだ式が終わったわけではありません。
最後まで気を引き締め、お見送りしましょう。

■食事マナー集

● 手袋ははずして、ひざの上に置いておきます。
● 和装の場合、扇子は帯にはさみます。
● 衣装を汚さないように、できるだけ小さく切って食べるのがコツ。さりげなく口元へ運びます。
● 食べづらそうなものには最初から手をつけないほうが無難です。
● グラスは脚を持ちます。乾杯のとき、グラス同士を合わせる必要はありません。
● スピーチや余興の間は食べるのを控えましょう。

■シーン別好印象を与えるマナー

入場のときに
注目を浴びて緊張するものですが、落ち着いてゆっくり歩きましょう。どたどたとせわしなく歩かないことが大切です。なお、新婦は新郎の半歩後ろを歩きます。

媒酌人や主賓のあいさつ
新郎新婦は起立し、話を聞きます。「どうぞお座りください」と言われたら、話し手に黙礼して着席し、話が終わったときに再度立ち上がって一礼します。

招待客に
話すときはつねに笑顔で。ひとりの人と個人的な話を長くすることは避け、手短に切り上げます。招待客全員と会話する心づもりで話しましょう。

食事
最近では、新婦も食事をすることが多いようですが、新郎新婦はスピーチのときは食事を控えます。また、食べづらそうな食事には手をつけないでおきましょう。

歓談中に
披露宴中、新郎新婦はずっと注目されています。スピーチや余興のない歓談中も笑顔を絶やさずにいましょう。

見送り
プチギフトなどを手渡しながら、手短にひと言程度の会話を。「本日はありがとうございました」というお礼は忘れず、ひとりひとりに言いましょう。