結婚式当日を迎えて
挙式の流れ〜人前式

■人前式挙式の流れ

皆の前で誓う形式が人気の人前式。自分たちらしさを出しやすい形ですが、決まりごとがない分、メリハリをつけた演出が必要です。

■招待客に結婚を誓う式

招待客の前で結婚を誓うタイプの挙式です。
宗教にはまったく関係ないので、形式や約束ごとは一切ありません。
レストラン、ゲストハウス、ホテル、専門式場など、式場を選ばない挙式スタイルといえます。
もっとも盛り上がるのは二人で宣誓するシーン。そのあと立会人が結婚の成立を宣言し、祝宴に移るという流れが多いようです。
形式にとらわれないところや挙式料がかからずリーズナブルという点が人気ですが、挙式と披露宴が同じ会場で行われることが多いため、招待客の中にはもの足りなく感じる人もいるようです。とくに年配者には、事前にどういう結婚式かきちんと説明しておきましょう。
誓いの言葉の読み方についても、決まりはありません。新郎が代表して読み上げ、日付と名前だけを唱和してもいいですし、二人一緒でも、また、ひと言ずつ交替で読む形式でもかまいません。
結婚式便利帳って何
子育て

■誓いの言葉

誓いの言葉

誓いの言葉には参列者へのお礼とこれからの抱負を込め、最後に自分たちの名前を名乗ります。二人さしさが出るような文を作りましょう。
新郎が文面を読み、新婦が名前だけ名乗ってもいいですし、二人で唱和してもかまいません。

■人前式挙式の流れ

1. 参列者の入場
参列者は式場に随時入場します。

2. 新郎新婦の入場
新郎新婦が入場します。そのあと、司会者が開会の言葉を述べ、新郎新婦を紹介します。

3. 立会人の紹介
立会人を立てている場合には、司会者が紹介します。

4. 結婚の誓約
二人で考えた誓いの言葉を読み上げます。式場から誓いの言葉のサンプルをもらえることも多く、それを参考に考えてもいいでしょう。読み上げるときは、大きな声ではっきりと。

5. 結婚誓約書にサイン
結婚誓約書または婚姻届に二人で署名します。

6. 指輪交換
新郎から新婦へ、新婦から新郎へ、結婚指輪を贈ります。

7. 結婚成立の宣言と承認
立会人、または司会者が二人の結婚が成立したことを宣言します。参列者はここで拍手を。演出として、乾杯をしてもいいでしょう。

8. 閉会(退場)
司会者が締めの言葉を述べます。新郎新婦は退場せず、そのまま披露宴に流れる場合も多いようです。