結婚式当日を迎えて
親族紹介

■一族が初めて会する大事な場面

両家の親族すべてが一堂に会して、それぞれの親族の紹介を行います。
末永く付き合っていく人たちですから、自分の家族を知ってもらいましょう。

■両家の代表が紹介する

挙式のあと、披露宴までの時間を使って親族紹介をするのが一般的です。
場所は式場によってまちまちですが、普通は、両家控え室のどちらかで行います。その場合は、係の人の誘導に従いましょう。事前に別の控え室をとり、そちらで親族紹介を行うこともあります。
親族紹介は、媒酌人がいる場合には、はじめに媒酌人があいさつをします。そのあと、新郎の父親または新郎が自分の親族を紹介します。父親がいないときは、母親が親族代表となります。 新郎側の紹介のあと、新婦側が同様に親族を紹介します。親族が自己紹介する場合もあります。紹介する順番は、新郎新婦と関係が近い順から。
まず家族、それから父方の親族、母方の親族という順になります。 紹介するときは、親族の名前と、新郎もしくは新婦から見た続柄を相手に伝えます。身内なので、年齢や立場に関係なく敬称はつけません。紹介された人は、ひと言あいさつをして、おじぎをします。
結婚式便利帳って何
子育て

■名前と続柄のメモを

いざ紹介というときになると、緊張してとっさに名前が出てこない場合があります。そんなときのことを考えて、念のために親族の名前と続柄をメモにまとめて、発表者に手渡しておきましょう。
とくに、成人したいとこの女性は結婚して姓が変わっていることもあるので注意します。

親族紹介の流れ

1. 新郎側から
まず、新郎側から親族紹介を行います。媒酌人を立てる場合は、最初に媒酌人があいさつをします。

2. 関係の深い順に紹介
新郎の父が、家族など関係の深い順に紹介して、新郎もしくは新婦との続柄を付け加えます。

3. あいさつ
紹介された人はひと言ずつあいさつをして、そのあと、一礼します。

4. 新婦側も同様
新婦側も同様の手順で紹介、あいさつをします。

5. 結びの言葉
紹介が終わったら、結びの言葉で場を締めて、全員で一礼します。

■親族紹介Q&A

Q媒酌人をたてた場合と立てない場合で違う?
A媒酌人を立てた場合は、媒酌人が最初にあいさつをしたあと、両家の代表(普通は父親)が親族を紹介します。立てない場合は、新郎の父親または新郎新婦があいさつをしたあと、それぞれの親族を紹介します。

Q親族に不在の人がいたら?
A病気や海外勤務、その他の特別は事情で、家族や親族がどうしても式に参加できないこともあります。その場合は、紹介の順番が回ってきたところでその人の不在を述べるか、最後に付け加える形で紹介します。ひと言でよいので簡単に、参加できないお詫びも述べておきましょう。

Q名前を忘れそうになったら?
Aどうしても思い出せないなら、尋ねてもかまいません。そのようなことがないよう、事前にメモを作り、紹介順に座ってもらうといいでしょう。

Q父親がいないときはだれが紹介役に?
A母親が紹介役になります。兄がいる場合は兄が紹介することも。自分の自己紹介のあと、母親から順に紹介していきます。両親、兄弟以外にも親族代表が務める場合もあります。

Q人数が多い場合の紹介は?
A親族それぞれが、名前と続柄を自己紹介する形でもかまいません。その場合、進行役が最初に「ひと言ずつ自己紹介します」と述べておきます。