結婚式当日を迎えて
媒酌人、スッフへの心づけ

■媒酌人、スタッフへの心づけ

披露宴の終了後に、媒酌人夫妻や裏方として働いてくれたスタッフに心づけを渡し、無事に式が終わったことへの感謝の気持ちを表しましょう。

■媒酌人夫妻へ謝礼を

披露宴終了後、媒酌人やスタッフにお礼のあいさつをします。媒酌人は、ラウンジや控え室など静かで落ち着いた場所へ案内し、両家の親と新郎新婦でお礼を述べるとともに謝礼を渡します。媒酌人への謝礼は、以前は後日訪問して渡すことが多かったのですが、最近ではこの段階で手渡すケースが増えています。
謝礼は結び切りの水引をかけたご祝儀袋を使用し、両家連名とします。当日の媒酌のみをお願いした場合は10万〜20万円ぐらいが一般的ですが、謝礼にも地域差があるので、慣習に従って金額を決めてもいいでしょう。謝礼とは別に交通費として車代を渡しますが、通常は1万〜2万円程度です。また、主賓にも、お見送りが終わったあとで車代を手渡しておきましょう。
結婚式便利帳って何
子育て

■当日スタッフへのお礼

受付や撮影係などスタッフに回ってくれた人たちにもお礼のあいさつをし、謝礼を渡します。金額は、友人が司会を担当してくれた場合には2万〜3万円、受付や会計係は3000〜5000円、撮影係は5000〜1万円が目安です。
またそれとは別に、司会や写真撮影などで披露宴中きちんと食事ができなかった人に対しては、軽食を用意したり、レストランの食事券を渡すといった配慮も必要です。
会場のスタッフにもきちんとあいさつします。謝礼を受けとることは少ないでしょうが、どうしてもお礼をしたいなら、菓子折りを用意しても。

Check!いざというときのための用意

心づけは多めに準備しておいて間違いはありません.表書きを書いた心づけのほかに、何も書いていない祝儀袋を用意しておきましょう。必要になったときにお車代、お礼などの表書きを入れます。3000円、5000円など心づけの額に応じて、新札も用意しておきます。

■心づけの目安は?

媒酌人
謝礼
金額
結納から披露宴までお願いし、披露宴終了後にまとめて渡す場合 15万〜30万円
披露宴だけをお願いした場合 10万〜20万円
表書き お礼
送り主 両家連名
主義袋 結び切りの水引のもの

車代
金額 1万〜2万円
表書き お車代
送り主 両家連名
祝儀袋 結び切りの水引のもの

主賓
車代
金額 1万〜2万円
表書き お車代
送り主 どちらかの主賓によって、それぞれの姓
祝儀袋 結び切りの水引のもの

当日のスタッフ
心づけ
金額
司会者(友人などが担当した場合) 2万〜3万円
受付係 3000〜5000円
会計係 3000〜5000円
撮影係 5000〜1万円
プロの司会者 1万円
プロのカメラマン 1万円
二次会幹事 5000円
表書き お礼、寿
送り主 両家連名
祝儀袋 結び切りの水引のもの

■ご祝儀のマナー

水引は結び切り
通常、結び切りの水引がついたご祝儀袋を使用します。大げさな飾りのついたご祝儀袋は避けたほうがいいでしょう。

新札を用意
中に入れるお札は新札を用意し、お礼の表側が正面にくるよう向きをそろえます。なお、新札は銀行などで用意できます。

表書きに注意
表書きは「お礼」「お車代」「寿」などが一般的。媒酌人や当日のスタッフには両家連名で、主賓については どちらの家が招待したかによって、送り主の名前を書き分けましょう。

ポチ袋でもOK
スタッフあてには水引の印刷された小さめの袋(ポチ袋)でもかまいません。その場合は、お礼を3つ折りか4つ折りにします。