結婚式当日を迎えて
結婚式のタイムスケジュール

■当日の流れを把握しておきましょう

会場入りから披露宴の終了まで、今日一日は細かいスケジュールに沿って行動することになります。気の張る一日ですが、笑顔を忘れずに。

■早めに会場に入る

当日は早めに起きましょう。式の最中は、新婦はほとんど食事をとることができないので、朝食はきちんと食べることが大切。ただし、トイレに行く機会が少ないので水分は控えめにしておきます。
荷物の最終確認後、両親にあいさつをしてから出発します。車を使う場合は交通渋滞を考慮して、挙式の2〜3時間前に会場に着くように出発しましょう。また、新郎は新婦より準備が少ないので、1時間くらい前に会場に到着すれば大丈夫です。
準備が整い、媒酌人にあいさつを済ませたあと、控え室で親族らにあいさつします。その際、媒酌人を紹介します。
結婚式便利帳って何
子育て

■終了後は忘れものに注意

式が終わると、両家が一堂に会して親族を紹介し、そのあと、親族の記念撮影を行います。新郎新婦二人の写真を撮る場合も、この前後に行われます。
披露宴終了後は媒酌人にお礼のあいさつをし、謝礼を当日渡す場合は、ここで渡します。このほか主賓やスタッフにも、車代や心づけを忘れずに。
料理や飲みものなど追加料金の精算を済ませたら、二次会へ向かいます。

Check!当日の朝、化粧はどうする?

会場に着くとすぐ、ヘアメイクを行います。化粧をしていると、いったんメイクを落とさなければならないので、基本的にはノーメイクで。
化粧水と乳液で肌を整えておくくらいにしておきましょう。
髪をスプレーなどはせず、そのままのほうがいいでしょう。

■披露宴当日のスケジュール

当日の朝
● 家を出る
● 会場入り・・・新婦は準備が多いので、式の2〜3時間前に会場入り。新郎は1時間くらい前に。
● 着つけ、ヘアメイク
● 媒酌人へ二人であいさつ
● スタッフらと最終打ち合わせ

結婚式の前
● 祝電チェック・・・祝電に目を通し、披露宴で紹介するものを選んで、司会者に渡します。たくさんきている場合は、名前だけ読み上げてもらうものも選びます。
● 控え室で親族にあいさつ
● 新郎が媒酌人と親族を紹介

結婚式終了後
● 新郎新婦お互いの親族を紹介・・・記念撮影前に、両家の顔合わせ。両家の代表がそれぞれ親族の名前と関係を紹介。
● 記念撮影

披露宴終了後
● 媒酌人、主賓、スタッフに謝礼やお車代を渡す
● 追加料金の精算・・・当日の追加分などの料金を精算。両家のどちらかが立て替え、後日分担するのがベター。
● 着替え、後片付け
● 二次会会場へ移動

■当日、注意すべきこと

貴重品は両親に預ける
会場に着いたらすぐにヘアメイクにとりかかるので、持ちものの管理は両親にお願いしたほうがいいでしょう。
ホテルなどが会場の場合はクロークに預けることもできますが、貴重品は両親に。

挙式と披露宴の間に軽く食事を
当日は、ちゃんとした食事は朝食しかとれないことも。
挙式と披露宴の間に化粧直しをするので、このときに軽食をとっておきましょう。ただし、水分は控えめに。

トレイのタイミングを考える
身支度を調えてしまったらなかなかトイレに行きづらいもの。ヘアメイクが終わって衣装に着替える前に一度、行っておきます。
また、挙式と披露宴の間など、行けるときに行っておきましょう。